喫茶のすたるじあ

未来的郷愁ブログ

MENU

徳島駅すぐ。青い床のレトロな喫茶店【徳島・純喫茶ブラジリア】

 

 

一軒の喫茶店のために遠方へ足を運んだのは徳島県が最初。

「47都道府県の純喫茶」を読んで心惹かれた“ブラジリア”

山之内遼さんの本「47都道府県の純喫茶 愛すべき110軒の記録と記憶」には、心惹かれる喫茶店ばかり紹介されていたけど、訪問したいと切に思ったのは徳島駅から程近い「純喫茶ブラジリア」という喫茶店だった。

阿波の藍染めは「JAPAN BLUE」と呼ばれる深く鮮やかな藍色。

「阿波藍を連想させる青い床」と書かれたブラジリアの床をぜひ一度生で見てみたかった。
(本の中ではモノクロページに載っていたことが余計に想像をかきたてた)

ブラジリア外観

2014年の6月。

徳島へ向かい、はやる気持ちから開店時間すぐにブラジリアを訪問した。

青い床は飲食店に不向き?

ブラジリア内装

ブラジリア内装

恋い焦がれた青い床は思った通りの抜群のムードを醸し出していた。

飲食店に青を使うのはNGだと聞いたことがあるけど、ゆっくりできる喫茶店ならありだと思う。

ところどころがツギハギで色合いが違うのは、息子さんが倉庫にあった絨毯の在庫を上に張ったからだとマダムが教えてくれた。(マダムと呼びたくなるお洒落な女主人だった)

広く見せる効果もある青い床のおかげで奥行きを感じる。

 

ブラジリア内装

ブラジリアモーニング

マダムに「47都道府県の純喫茶を読んで、いてもたってもいられず大阪から来ました」と伝えると、衝撃の返答が。

著者の山之内さんは本が出版されて間もなく不慮の事故で亡くなった……と。
山之内さんのお母様からマダムに直接電話があり、訃報を聞いたらしい。

4000軒を超える喫茶店に足を運び、20代の若さで本を書き上げた人が……。

お会いする機会があったら本にサインをもらって、「ブラジリアに行きましたよ」と報告しようと思っていたのに。

  

ブラジリア内装

ブラジリア内装

山之内さんの写真を見せてもらいながら取材時のこぼれ話を聞いたけど、心が波打って記憶にない。

徳島の喫茶店としてもう一軒紹介されていた「いかりや珈琲店」にも行こうと思っていたのに、亡くなったことを受け入れられず訪問しないまま徳島を後にした。

山之内さんは純喫茶保存協会会長として、はてなダイアリーに活動報告を書かれていた。

亡くなる直前の2013年11月で更新は止まっているけど、
また更新されるんじゃないかとたまに目を通している。

d.hatena.ne.jp

 

純喫茶ブラジリア

【最寄駅】JR徳島駅より徒歩5分
【住所】徳島市寺島本町西2丁目31-1
【営業時間】7時半~19時
【定休日】日・祝

 

和歌山の至宝は、きらめく宮殿。【和歌山・純喫茶ヒスイ】