喫茶のすたるじあ

未来的郷愁ブログ

MENU

バルブもなかを考案した風月堂のレトロ喫茶【滋賀・パーラー風月】

 

 

15時前に彦根に到着。

彦根で降りる際は必ず「UCCカフェメルカード 彦根店」に寄ってマスターに近況報告しています。

>>離れた距離と時間を超えて【滋賀・UCCカフェメルカード 彦根店】

彦根銀座商店街にある「パーラー風月」

栗東市でモーニングを食べて以降飲み物しか口にしてないので、腹ごしらえをしようとパーラー風月へ向かいました。

 

昨年風月堂の人気銘菓・バルブもなかを買いに来た際に、2階のパーラーで手作りホットケーキを食べられると聞き、次こそはとお腹を空かせてやってきました。

 

扉を開け、現れたのは昭和のパーラー

f:id:Kotori_fresh:20180428202045j:plain

f:id:Kotori_fresh:20180428202050j:plain

由紀さおり&安田祥子姉妹が歌う童謡がBGMとして流れており、なんとも牧歌的。
おばあちゃんの家に遊びに来たかのようなこの雰囲気、落ち着くわぁ。

守山のカヌーで見た団子三兄弟ならぬランプ三兄弟がここにもありました。

 

f:id:Kotori_fresh:20180428202108j:plain

www.kissa-nostalgia.net

  

f:id:Kotori_fresh:20180428202123j:plain

ホットケーキとミルクティーのセット700円!

生地から焼いてくれるホットケーキはカルメラ焼きのようにやや固め。
ふわふわでない感じが無性に懐かしかった。

 

f:id:Kotori_fresh:20180428202140j:plain

f:id:Kotori_fresh:20180428202135j:plain

店番をしていた左卜全っぽいおじいちゃんが、肩から下げていた私のカメラに反応し、おすすめの撮影スポットを教えてくださいました。

 

「写真が好きな人同士、話が合っていいわねぇ」と写真談義する様子を微笑ましく見守るママさん。

f:id:Kotori_fresh:20180405134320j:plain

バルブもなかは1960年頃に彦根の地場産業である「バルブ」をPRするために考案したそう。

「パーラー風月」の歴史は半世紀強。

「持ちビルだから営業してこれたけど、この先どうなるか」とママ。
彦根城の桜が満開で一番混雑するシーズンだというのに、彦根銀座商店街に人通りはなく閑散としていました。