喫茶のすたるじあ

未来的郷愁ブログ

MENU

昭和ゴージャス! 大阪が誇る唯一無二の宇宙空間【大阪・マヅラ】

 

 

こんにちは、コトリス(@Kotori_fresh)です。

はてなブログをスタートして今日で1か月が経ちました。


読んでくださった方、スターをくださった方、ありがとう。いつも励みになっています。
記事作成とともにブログのカスタマイズも試しているので、あたたかく見守ってくださいませ。

さてさて、バーチャル駅長として阪急沿線の話題を発信して痛感したのが、自分にとっての定番でも知らない人が数多くいるという当たり前の事実。

 

大阪駅前第1ビルの開業に合わせて1970年にオープンした「マヅラ」という喫茶店は、関西圏の喫茶店好きなら知らない人はいない名店です。

 

www.hankyu.co.jp

 

350円の激安モーニングを紹介するつもりでマヅラの記事を書いたら、大きな反響を呼び、9月にTwitter上で話題になった記事ランキングで2位になりました。

ちなみに1位も私が紹介した食べられるカップ「エコプレッソ」の記事でした。エヘン。


大阪にある昭和ゴージャス喫茶の王道なので紹介するまでもないと思っていたんですが、むしろそういった入りやすい有名店を紹介して喫茶店へのハードルを低くするべきだなと考えを改めました。

 

なので「喫茶のすたるじあ」でもマヅラを紹介します。

マヅラ外観

 

とことん非日常感にこだわった内装は唯一無二の宇宙空間

 f:id:Kotori_fresh:20180427120336j:plain

f:id:Kotori_fresh:20180427120332j:plain

マヅラ店内

マヅラの空間コンセプトは、ずばり宇宙。
店が地下一階にあることから開放感を出すために、創業者自ら宇宙をイメージしたインテリアを考案しました。

 

f:id:Kotori_fresh:20180504130805j:plain

マヅラ店内

月のクレーターを連想する凹凸のある天井。周囲には惑星のような照明が点在。

 

マヅラ店内

マヅラ店内

マヅラ店内

さらに鏡が宇宙の無限空間を演出しています。

 

マヅラ店内

ミッドセンチュリーな家具やパーテーションが近未来感を呼び、店内に入るたびに70年代にタイムトリップしたのかと勘違いしてしまいます。

名物オーナーのご紹介と店名の由来

マヅラ店内

創業者でオーナーの劉 盛森(りゅうせいしん)さんは現在98歳!!


店頭で「いらっしゃいませ、どうぞ!」と元気にお客さんを招いている姿は、大阪駅前第1ビルの名物です。

コーヒー1杯250円からとメニューが激安なのは、「儲けをお客さんに還元する」という劉さんの思いが詰まっているから。ありがたいと思いながら利用しています。


「マヅラ」という不思議な店名は劉さんが若い頃に旅行したインドネシアのマドゥラ島が由来。
島で出会った女性に「店を開くときは、君が住むこの島の名前を店名にするよ」と約束したという素敵なエピソードが隠されています。

 

マヅラ店内

"マヅラ店内

生きた建築ミュージアム・大阪セレクション選定

大阪市が発信する「生きた建築ミュージアム・大阪セレクション」にも選定されている、文化遺産。


貴重な建築物でありながら、喫茶店なのでどなたでも入ってくつろぐことができます。

古い建物を活かしながら、今を生きて機能している場所が好き。
だから利用用途がはっきりしている古い喫茶店に惹かれます。

マヅラの歴史や美しい写真が見られるおすすめの本2冊

ぜひマヅラで気軽な宇宙遊泳を楽しんでくださいね。
 
 

 

マヅラ

【最寄駅】北新地駅・西梅田駅と地下で直結
【住所】大阪市北区梅田1丁目3-1 大阪駅前第1ビルB1F
【営業時間】9時~23時(21時よりバー営業)、土(〜18時)
【定休日】日・祝