喫茶のすたるじあ

未来的郷愁ブログ

MENU

創業から半世紀超。金沢を代表する純喫茶【石川・純喫茶ローレンス】

 

 

こんにちは、コトリス(@Kotori_fresh)です。

石川県で一番知られている喫茶店はおそらくここ。
金沢の中心部・香林坊にある「純喫茶ローレンス」

2016年に創業50周年を迎えました。

 

f:id:Kotori_fresh:20180427125148j:plain

f:id:Kotori_fresh:20180427125152j:plain

要塞のような古びたビルの三階にあるため、ここに喫茶店があることを気付かずに通り過ぎてしまう人が多いのではないでしょうか。

金沢のグレイ・ガーデンズ?古城の主は年齢不詳の魔女

f:id:Kotori_fresh:20180427125316j:plain

f:id:Kotori_fresh:20180427125320j:plain

f:id:Kotori_fresh:20180427125325j:plain

扉を開けて店内に入ると、西洋の古城のようなゴシック調の空間が現れました。


ドライフラワー、ホオズキ、観葉植物たちの呼吸が立ち込める森のような濃密な空気に思わずため息が。

 

f:id:Kotori_fresh:20180427125417j:plain

空間の主は、若い頃のオノ・ヨーコっぽい長髪のマダム・年齢不詳の知香子さん。

ずっとこの古城に幽閉されているような不思議な雰囲気の持ち主です。


長年通う常連さんからは魔女と呼ばれている、と恥ずかしがる様子もなく教えてくれました。

 

五木寛之の指定席で思春期ココアを

f:id:Kotori_fresh:20180427125516j:plain

五木寛之が若い頃にローレンスを執筆の場にしていたことでも有名。
1967年に短編小説「蒼ざめた馬を見よ」で直木賞を受賞したときの電話をローレンスで受けたため、そのときの写真が飾られています。

 

f:id:Kotori_fresh:20180427125627j:plain

f:id:Kotori_fresh:20180427125623j:plain

f:id:Kotori_fresh:20180427125631j:plain

コーヒー嫌いのマダムのおすすめはココア。甘さの違いでお子ちゃまココア、思春期ココア、大人ココアの3種類があります。

五木寛之の指定席だった席で、程よく甘い思春期ココアをいただきました。
マダムいわくこの席に座ると、悩んでいる人でも心のもやが晴れるような快い力を得られるとか。

 

能町みね子の純喫茶探訪 きまぐれミルクセ~キ (オレンジページムック)や、菊池亜希子の好きよ、喫茶店でも「金沢に行ったら立ち寄りたい伝説の名店」と紹介されているため、レトロ好き、喫茶店好きの若い子たちが「ローレンス」を目的に金沢に足を運ぶこともあるそう。

 

陸の孤島「ローレンス」。
そう遠くない終幕を迎える前にぜひ行ってほしい喫茶店です。

 

純喫茶ローレンス

【最寄駅】北鉄バス 香林坊バス停下車徒歩2分
【住所】金沢市片町2丁目8-18
【営業時間】15時~19時(日によって14時から開くことも)
【定休日】不定休