MENU

西脇市の木造アーケード「旭マーケット」を見学後、ひょうたん喫茶リラへ

 

※2018年8月15日更新

 

公共交通機関を使って、広大な兵庫県内の喫茶店を少しずつ巡っています。

 

日本のへそ・西脇市

西脇市駅

三角屋根のかわいい西脇市駅。


1年前の今頃18きっぷの残りを消化すべく、加古川線に乗ってはじめて西脇市に足を踏み入れました。

公共交通機関では行きにくい場所にありますが、また訪れたい街のひとつ。

私なりの町歩きを記録しました。

   

西脇マンホール

西脇市は東経135度と北緯35度が交差し、日本列島の中心にあたることから「日本のへそ」を宣言しています。

マンホールのふたでも「日本のへそ」をアピール。

大人気のマンホールカードの西脇バージョンが登場しました。手に入れたいなぁ。

西脇市版「マンホールカード」の配布が始まります/西脇市ホームページ

 

西脇市のお目当てはマンボという喫茶店なんですが、マンボについては下のリンクでたっぷりとレポートしています。

www.hankyu.co.jp

 

西脇・Y字路

西脇市は美術家・横尾忠則の出身地。
横尾氏のライフワーク「Y字路」シリーズのひとつを見つけました。 

調べてみるとウルフルズのトータス松本も西脇市出身だそう。

 

ほぼ日刊イトイ新聞 - Y字路談義。

全Y字路

中古価格
¥4,108から
(2018/6/13 12:47時点)

木造アーケード「旭マーケット」を見学

昭和初期まで播州織の工場で働く女工さんの共同宿舎として使われていた(とされる)「旭マーケット」へ。

 

旭マーケット内部

旭マーケット内部

旭マーケット内部

今も住人の方がいるので、一往復しただけで退散します。

 

 

 

西脇市駅前の珍スポット?ひょうたん喫茶「リラ」へ

喫茶リラ外観

「マンボ」のほかにもう一軒寄って行こうと西脇市駅前で見つけたのが喫茶リラ。外観の装飾テントからしていい感じ。

 

西脇市・喫茶リラ内装

西脇市・喫茶リラのひょうたん

なぜか天井から多数のひょうたんがぶら下がっています。これって珍スポット?

 

西脇市・喫茶リラ内装

壁一面には演歌歌手のポスターやサイン色紙が。

大きなボリュームで流れるFM神戸からは今のヒット曲が聴こえ、チグハグな印象を受けましたが落ち着きました。

 

西脇市・喫茶リラのフルーツパフェ

西脇市・喫茶リラフルーツパフェ

フルーツパフェ(600円)を注文。


期待してなかったけど、フルーツがふんだんに入った可愛らしいパフェが運ばれてきて、思わず歓声を上げました。

いちごの乗せ方、うさぎりんご、クリームとカラーチョコのトッピング、底のグリーンとオレンジの配色……ときめきが詰まったパフェを一口一口大切に味わいます。

 

レジ横に置かれた桜の盆栽が満開だったから、今日ふいに「リラ」のことを思い出しました。

これから桜の季節になるたびに西脇市での町歩きが頭をよぎりそうです。

 

「喫茶リラ」店舗情報

【最寄駅】JR西脇市駅より徒歩5分
【住所】西脇市野村町786-2
【定休日】第1・第3日曜

あわせて読みたい!姫路の喫茶店はこちらから

www.kissa-nostalgia.net

www.kissa-nostalgia.net