MENU

鈴木信太郎のイラストが描かれた復刻版クルス缶をAmazonでお取り寄せ

 

明日から12月に突入。
12月は町中がイルミネーションで輝き、クリスマスの華やかさに包まれますね。


今日はクリスマスが近づいてくると食べたくなるお菓子、長崎のキリシタン銘菓「クルス」をご紹介します。

長崎のキリシタン銘菓・クルスとは

クルスは昭和39年に誕生。発売から50年以上親しまれてきたさっくりと香ばしい焼き菓子です。

クルスとは、ポルトガル語で「十字架」を意味する言葉です。パッケージには発売当初から、鈴木信太郎画伯が長崎来訪の時に描いたイラストを採用しています。
十字架を刻んだ煎餅は、パリッとサックリ軽い食感。洗練された味わいのホワイトチョコレートに、ジンジャーの香りがふわりと広がります。

長崎の銘菓「クルス」一覧|小浜食糧株式会社

鈴木信太郎画伯のイラストが描かれた復刻版クルス缶

復刻版クルス缶

クルスのイメージキャラクター「シスタークルス」を描いたのは鈴木信太郎画伯。


東京の「こけし屋」「マッターホーン」など多くの包装紙やパッケージを手がけてた洋画家ですが、彼のイラストが入ったパッケージはかわいいもの好き女子の注目の的。

思わずパッケージ買いしたくなるこちらの初代クルス缶の復刻版はAmazonや楽天でも販売されているので、売り切れないうちにぜひご注文くださいね。

 

クルスを囲んでパーティー

取り寄せたクルスで、早速“クルス”マスパーティー。

ゴーフルのような薄い生地に、生姜をアクセントにしたホワイトチョコレートがサンドされていて、やみつきになる味です。

食べはじめたら一枚で我慢できません。


食べるたびに心が浄化されるように感じるから、毎年1年の締めくくりの12月に食べたくなります。


復刻版クルス缶は一足早い自分へのクリスマスプレゼントにちょうどよかったです。

しあわせたまて箱

クルスを販売する小浜食糧株式会社のHPでは、クリスマス限定のクルス缶やトートバックなどグッズ付きのセットがお買い求めいただけますよ。

www.e-cruz.net