大阪

2016年閉店の淡路駅前・喫茶ダイヤモンドと「マッチの喫茶展」

喫茶ダイヤモンド外観

こんにちは、喫茶店愛好家のコトリス(@Kotori_fresh)です。

今週末から「マッチの喫茶展 in OSAKA」がはじまります

マッチの喫茶展

イベントはすでに終わっています

6月16日(土)から7月1日まで、大阪・此花区のミニコミやリトルプレスを取り扱うセレクトショップ「シカク」にて、「マッチの喫茶展 in OSAKA」が開催されます。

東京で閉店した喫茶店の家具を販売する「村田商會」の店主をされている「喫茶店のマッチ」こと村田龍一さんが日本全国47都道府県を巡って集めた400点ものマッチが展示されますよ。

喫茶店でもらえる小さなスーベニールのマッチですが取り扱う店は年々少なくなってきて、「昔は置いていたんだけど、今はもうない」と言われることが多々。

会場では1回100円のマッチのガチャガチャ「マッチガチャ」が登場。
今や貴重な存在になりつつあるマッチをゲットできるチャンスです。

村田商會のHPに村田龍一さんの在廊日が記載されているので、集めたマッチのエピソードが知りたい方は在廊日を狙っていきましょう。

muratashokai.theshop.jp

入場無料のイベントなので、喫茶店好きな方はぜひ足をお運びくださいませ。

▼イベント終了後のレポートはこちらから

マッチの喫茶展 in OSAKAの展示
【全部見せます】マッチの喫茶展 in OSAKAと村田商會の本出版【告知】2018年6月16日(土)~7月1日(日)に開催された村田商會代表によるマッチ箱の展覧会「マッチの喫茶展 in OSAKA」。 わき道にそれて純喫茶2のエムケイさんが登壇したトークイベントと展示の様子を写真を交えて紹介しています。...

 

淡路駅前の至宝「ダイヤモンド」

2年前に閉店した大阪・淡路の喫茶店「ダイヤモンド」。

「喫茶店のマッチ」こと村田龍一さんが来阪された際に、最後の姿を一緒に見届けた思い出の喫茶店です。

阪急京都線と北千里線の乗り換え駅である「淡路」駅は、高架路線化と駅周辺の区画整理事業も並行した大規模な工事が行われています。

懐かしい思い出のある駅ですがどんどん様変わりして、もう記憶の中にある淡路駅を蘇らせてくれるものは残っていません。

 

淡路・喫茶ダイヤモンド

「淡路といえばこの喫茶店!」という存在だった「ダイヤモンド」は区画整理に巻き込まれ、2016年10月31日に閉店しました。

遠方からでも目を引く建物は、打放しコンクリートの住宅「塔の家」で知られる建築家・東孝光の設計。

昭和43年6月竣工とビルに書いてあったので、創業も同じ頃でしょう。

 

淡路・喫茶ダイヤモンド

私が最も喫茶店を巡っていたのは2014年から2015年頃にかけて。

ダイヤモンドを初訪問したのはその頃ですが、居心地の良さが気に入り度々訪れていました。

 

淡路・喫茶ダイヤモンド 淡路・喫茶ダイヤモンド

客席は1階と2階に分かれています。
1階の薄汚れたファミコンを連想するカラーリングの椅子が好きでした。

 

淡路・喫茶ダイヤモンド 淡路・喫茶ダイヤモンド 淡路・喫茶ダイヤモンド

1階は庶民的な雰囲気ですが、ロフトのような感覚が味わえる2階はモダンな空間。
浮かび上がる木目が美しい壁と天井をより味わえます。

 

淡路・喫茶ダイヤモンド

こんなにも素敵な喫茶店だったのに、今は跡形もありません。

好きな場所が跡形もなく消えてしまう前に、私は喫茶店の写真を撮り続けます。

ビクター店内
【ビクター】扇町駅、天満駅から徒歩1分。ロフト構造の大箱喫茶店日本一長い商店街・天神橋筋商店街にある大箱喫茶「ビクター」をご紹介。...
なにわ店内
【十三・喫茶なにわ】二階から眺める阪急十三駅改札とマッチ阪急十三駅西口を見守ってきた喫茶なにわは2017年5月に閉店。取り壊される前の貴重な店内写真をたっぷり載せています。...
もみの木店内
【十三・もみの木】大阪万博(EXPO'70)を追体験できるバロック喫茶阪急十三駅より徒歩5分のバロック喫茶もみの木。1970年の大阪万博でブリティシュ・コロンビア館を建てる際に使われたもみの木を使ったカウンターテーブルがあります。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です