大阪

【十三・もみの木】大阪万博(EXPO’70)を追体験できるバロック喫茶

もみの木店内

こんにちは、喫茶店愛好家のコトリス(@Kotori_fresh)です。

今回は寒い時期や、クリスマスシーズンにぴったりな喫茶店をご紹介します。

その名は「もみの木」。

なにわ閉店後、最後の砦として大切にしたい淀川区十三(じゅうそう)にある喫茶店です。

香り高い珈琲とバロック音楽が愉しめる、もみの木

もみの木_外観

阪急電鉄十三駅の東口より徒歩5分。

住宅街と飲食店が混在する十三東本通商店街(通称つばめ通り)に「もみの木」があります。

近くに同名のもみの木という喫茶店があるので要注意。

軒先には毎年つばめが巣を作り、5月頃には可愛いヒナが見られます。

 

もみの木_内装 もみの木_内装

年月だけが醸せる艶をまとった店内。
黒い革張りの椅子に座ったとたんに、ここが十三であることを忘れてしまいます。

 

もみの木_マッチ

いただいたマッチにはバッハの似顔絵が書かれていました。

店内では絶え間なくバロック音楽が流れているものの、名曲喫茶のように堅苦しい雰囲気ではなくおしゃべりをしても怒られません。

ミックスジュースやクリームソーダなどジュース類も充実しているのでコーヒーが飲めない方にもおすすめ。コーヒー以外のメニューの価格はやや高めです。

大阪万博のブリティッシュ・コロンビア州館で使われたもみの木がカウンターに!

もみの木_カウンター

もみの木の創業は万博の翌年の1971年。

マスター自慢の分厚いカウンターテーブルは、1970年の大阪万博でブリティッシュ・コロンビア館を建てる際に使われた樹齢270年のもみの木300本のうちの1本を使って特注したもの。

 

もみの木_カウンターのプレート

テーブルの真ん中には万博の円形プレートがはめ込まれています。

 

ブリティシュ・コロンビア州館

ブリティッシュ・コロンビア州館はカナダの大自然をそのまま持ち込み「もみの木の彫刻」の愛称で親しまれた万博の人気館で、木造建築物としては世界一の高さを誇っていました。

 

もみの木ショップカード

マッチと一緒にいただいたショップカードにはもみの木の独り言が書かれています。

万博から48年経ちますが、もみの木はまだまだ現役。

2025年の大阪万博まで持ちこたえてほしいです。

バーチャル駅長ブログで2017年に紹介しましたが、当時万博に行かれた方はもちろん喫茶店が好きな方にはぜひ行ってほしいお店なので、改めて自分のブログでも取り上げました。

喫茶&バロック音楽 もみの木・店舗情報

【最寄駅】阪急十三駅東口より徒歩5分
【住所】大阪市淀川区十三東3-21-11
【電話】 06-6301-4568
【営業時間】お昼頃〜夕方
【定休日】月曜・火曜 行く前に電話確認がベター

▼大阪万博以前に創業した喫茶店

アリア店内
【東梅田・アリア】穴場!マヅラより先輩の近未来地下喫茶Expo′70にタイムトリップしたかのような雰囲気を持つ地下喫茶「アリア」をご紹介。...
チケ店内
【阿倍野・チケ】レコードでタンゴの名曲が聴けるコーヒー専門店1959年創業。大阪市阿倍野区にあるタンゴ喫茶「チケ」の歴史を写真を交えながら紹介しています。...

https://www.kissa-nostalgia.net/entry/2018-04-07-

丸福珈琲店のホットケーキ
【丸福珈琲店千日前本店】小林カツ代が愛したコーヒーとホットケーキ大阪を代表する喫茶店、丸福珈琲店。特にインテリアが素敵な千日前本店の店内に加え、名物の濃いコーヒーとホットケーキを紹介しています。 ...