喫茶店案内

彦根の喫茶店といえばここ!行列店「スイス」とのんびりできる「帆船」

喫茶スイスの店内

18きっぷで大阪から岐阜・名古屋方面を旅するときは、必ず彦根で途中下車し喫茶店で一息いれるので、喫茶のすたるじあでは彦根の喫茶店の比率が多くなっています。

名古屋のシューカドーの閉店を機に、レトロピアな岐阜を旅した10月にも彦根に立ち寄りました。

今日は彦根の人気喫茶「スイス」とガイドブックには載らない隠れた名店「帆船」をご紹介します。

激安ハンバーグ店として人気!行列ができる喫茶スイス

彦根・喫茶スイス_外観

彦根城の南西、ベルロードという通り沿いにあるのが蔦に覆われた三角屋根の山小屋が「喫茶スイス」。

彦根・喫茶スイス_裏

裏から見てもこの通りモジャモジャ。

彦根では行列のできる店として有名ですが、オープンする11時なら待たずに入れるだろうと目論んで早めに到着。

一番乗りで入店できました。

スイスの創業は1972年。
マスターご夫妻と数名のバイトの方で営まれています。

彦根・喫茶スイス_内装1

大きな格子窓からは風にそよぐ蔦が見え、ホッとします。内部は侵食されていませんよ。

このまま独り占めしたいところでしたが、入店して30分経たないうちに満席になるほどの盛況ぶりだったため店内写真はこれだけ。

彦根・喫茶スイスメニュー

メニューを見て驚いたのは、その値段の安さ!

カツカレー500円、オムライス400円、ハンバーグ・ステーキ500円……と創業当時から価格据え置きなのかしらと思う安さです。

「ハンバーグ・ステーキ」「オムライス」「特製スイス丼」の3種類の人気が高いそうですが、がっつり食べたら動けないのでモーニングの代わりに玉子サンド(350円)とミックスジュース(300円)を注文しました。

彦根・喫茶スイス_玉子サンド

ケチャップを塗ったパンに玉子と薄切りのキュウリを挟んだサンドイッチは、熱々の状態で席に運ばれてきて、美味しさにほっぺが落ちそうになりました。

ハンバーグステーキには近江牛がブレンドされているそうなので、次は頼んでみたいな。

喫茶スイス・店舗情報

【最寄駅】JR彦根駅より徒歩20分
【住所】滋賀県彦根市中藪町598-2
【営業時間】11時~15時、17時半〜22時半
【定休日】月


ガイドブックには載らない彦根の隠れた名店・帆船

彦根・帆船_外観 彦根・帆船_内装1

初訪問は2016年。

料理上手のマスターと気さくなママが二人三脚で営む、創業40年超の「帆船」も彦根の喫茶店を語る上では外せない店。

彦根の新名物「ひこね丼」を食べられる店として、観光客にも人気があります。

ひこね丼は店によって種類が違いますが、帆船で食べられるのは「ひことろ丼」

近江米の上に、とろとろになるまで煮込んだ牛すじと青じそ、赤こんにゃくがトッピングされています。

彦根・帆船_ホットケーキセット

コーヒー専門店と看板に書かれているのでコーヒーを頼みたかったけど、「UCCカフェメルカード」で飲んできたばかり……。

紅茶付きのホットケーキセットをお願いしました。
驚きのワンコイン(500円!)です。

彦根・帆船_内装2

時を止めた店内はBGMも昔のヒット曲。

食事が終わったあとも、漫画を手にのんびり過ごしていました。ひこにゃんのお膝元だけあって、ひこにゃんグッズがいっぱいあるのにも和みます。

帆船・スイスマッチ

帆船では、市販のマッチにひこにゃんシールを貼ったオリジナルマッチを貰えました。
ママのお手製です。(右は先ほどの喫茶スイスのマッチ)

彦根の喫茶店はマッチが残っている率が高いので、マッチ収集が好きな方は彦根に足を運ぶことをおすすめします。

喫茶帆船・店舗情報

【最寄駅】JR彦根駅より徒歩5分
【住所】滋賀県彦根市京町3丁目2-18
【営業時間】8時~19時(日曜は15時まで)
【定休日】不定休

▼彦根の喫茶店はこちらから

www.kissa-nostalgia.net

www.kissa-nostalgia.net

www.kissa-nostalgia.net

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です