MENU

【大和高田・グランプリ】創業63年!奈良県内最古の純喫茶

 

 

 

※2018年11月12日更新

 

近畿二府四県、最後に紹介するのは奈良県の喫茶店です。
(近畿に三重県を含めるか否かという問題がありますが、私は二府四県と習ったので三重は含めません)

 

以前ある雑誌の中で奈良で一番古い喫茶店は奈良市内の「かふぇたまき」だと紹介されていたんですが、この情報は間違い。


奈良市内最古の喫茶店は昭和31年に置屋から鞍替えした「かふぇたまき」で間違いないけど、奈良県内で一番歴史が長いのは(私が知り限りでは)大和高田市にある「グランプリ」という喫茶店です。


昭和30年創業なので「かふぇたまき」より1年早く、お酒も出す「かふぇたまき」と違い、“純喫茶然”とした店です。

 

山之内遼著「47都道府県の純喫茶」奈良代表の「グランプリ」

大和高田・純喫茶グランプリ

奈良県中西部に位置する大和高田市の「グランプリ」をはじめて訪れたのは2014年11月。
47都道府県の純喫茶」で紹介されていたから来店したのだけど、マスターは本が完成したことを知りませんでした。

 

大和高田・純喫茶グランプリ

2013年秋に本が出版されて間もなく、著者である山之内遼さんが亡くなったことを知らせると、「あんなええ子が亡くなるなんて」と奥様と涙を浮かべていました。


山之内さんは何度も来店したことがあるそうで、しばらく来なくても忙しいんだろうなくらいに思っていたとか……。思い出話を聞いて胸が詰まりました。

 

▼山之内さんの話を聞いた徳島のブラジリア

www.kissa-nostalgia.net

 

大和高田・純喫茶グランプリ

大和高田・純喫茶グランプリ

マスターからの又聞きなので正しい情報かはわかりませんが、東京・日本橋の「メイ」という喫茶店は山之内さんのお爺様が営んでいる店なのでいつか行きたいと思っていたのに、2016年に閉店。

 

いつかではなく思い立ったときに行くことが大切と思わされた出来事でした。

 

大和高田・純喫茶グランプリ

訪問後マスターの息子さんから丁寧なお礼状をいただいたため、毎年11月に「グランプリ」詣でをしています。


私は兵庫県と隣接する池田市に住んでいるんですが、池田から来たと言うと「いしだあゆみさんの町やな」と返ってきて、その後大阪万博の話になるのが毎回の流れ。(笑)

マスターがこだわったレトロな内装 

大和高田・純喫茶グランプリ

大和高田・純喫茶グランプリ

天井のライトやカーブなど造り手のこだわりが見えるマスター自慢の内装は、大阪の設計事務所によるもの。創業当時は壁が真っ赤だったとか。

 

「また来ますね」と祈るような気持ちで店を後にすることを繰り返し、すでに4年。
マスターご夫妻は高齢のため店を閉めていることも多いそうですが、営業されている限り行こうと思っています。

 

グランプリ・店舗情報

【最寄駅】近鉄大和高田駅・JR高田駅より徒歩10分
【住所】奈良県大和高田市本郷町6-27
【営業時間】8時半~16時
【定休日】不定休

あわせて読みたい!奈良の喫茶店

www.kissa-nostalgia.net

www.kissa-nostalgia.net

www.kissa-nostalgia.net