MENU

松山のタイムトンネルは未来からやってきた喫茶店。モーニングは14時まで

 

 

 

※2018年8月4日更新

 

こんにちは、コトリス(@Kotori_fresh)です。

梅雨が明けたらいよいよ夏が訪れますね。

夏の良い点といえば、冷え症のため日頃我慢しているクリームソーダを、「暑いから」と頼む言い訳ができることくらいかなぁ……。

 

以前クールダウンしてくれる青い光の喫茶店「ソワレ」を紹介しましたが、今日紹介する喫茶店も癒しのブルー空間です。

 

創業3001年!?タイムトンネルを抜けると未来

松山・タイムトンネル

喫茶店があるのは愛媛県松山市。

松山市駅から伊予鉄道横河原線に乗り、「北久米駅」下車 徒歩5分。
車の往来が激しい讃岐街道沿いにあるため、店の全体像は撮れず。

 

 

松山・タイムトンネル

タイムトンネルという店名が書かれた看板には「SINCE 3001」の文字。
未来からやって来たバック・トゥ・ザ・フューチャー的な喫茶店かな。 

海底にいるようなステンドグラス

松山・タイムトンネル

松山・タイムトンネル

松山・タイムトンネル

入店すると窓の全面にステンドグラス!!
全て違う図柄のステンドグラスが貼られています。

海底にたどり着くトンネルだったんですね……。

 

松山・タイムトンネル

・ステンドグラスは15枚でひとつの物語になっていること
・深い海の底から物語がはじまること
・人魚の奏でるメロディーが不思議な世界を創り出すこと

マスターにステンドグラスのことを尋ねると、こう答えてくださいました。

 

 

松山・タイムトンネル

松山・タイムトンネル

物語の最後は月の女神。

現代建築のステンドグラス〈日本篇 2〉という本に掲載されているそうですよ。

 

 

松山・タイムトンネル

青い空間に合うクリームソーダを飲みながら、マスターの作った物語を想像していました。

モコ・ビーバー・オリーブの「海の底でうたう唄」が延々頭の中をリピート……。

 

 

まとめ

看板に3001年と書かれているのはマスターの遊び心で、創業は2001年。
タイムトンネルという店名と一面のステンドグラスは「日常を忘れてほしいから」

 

看板に書かれていた「手作り牛ハンバーグ」のほか、昔ながらのオムライスも人気なんだとか。モーニングは14時まで注文できます。

 

大阪から訪問した事を喜んでくれたマスターの奥様に「次はハンバーグを食べに来てね」と言われ再訪を決めましたが、次に海の底へのトンネルをくぐるのはいつになるやら。

タイムトンネルが掲載されているおすすめの本

愛媛喫茶店再発見。 (マチボン vol.4)

中古価格
¥199から
(2018/6/15 15:29時点)


愛媛で喫茶店巡りをする上での必需品。

ミズモトアキラさん監修による「私の喫茶店失敗談」「今治港の早朝喫茶」、誠光社・堀部篤史さんとの対談などユニークで読み応えたっぷり。

レモン糖の日々さんの寄稿も!
喫茶店好きな方はぜひご覧になってくださいね。

タイムトンネル・店舗情報

【最寄駅】伊予鉄道横河原線「北久米駅」より徒歩5分
【住所】松山市三町3丁目1-33 仙波マンション1F
【営業時間】8時半~16時(LO)
【定休日】水

あわせて読みたい!四国の喫茶店はこちらから

www.kissa-nostalgia.net

www.kissa-nostalgia.net

www.kissa-nostalgia.net