MENU

【伊丹・珈琲館円】避暑地にありそうなモダンな喫茶店で池田修三の版画を発見

 

 

 

こんにちは、喫茶店愛好家のコトリス(@Kotori_fresh)です。

明日から9月ですが、まだまだ30度を超える日が続くそう……。
そこで今日は店の前を樹々が生い茂り、避暑地で過ごす気分を味わえる喫茶店をご紹介します。

 

ロードサイドの避暑地、珈琲館 円

珈琲館円_外観

初訪問:2015年4月

阪急伊丹線の稲野駅から徒歩5分。
山本伊丹線のロードサイドに佇むのが、一軒家喫茶「珈琲館 円」です。

 

珈琲館円_内装1

木の扉を開けると道路沿いの喧騒とは裏腹に、避暑地のリゾートホテルに併設されているカフェのような心落ち着く空間が現れました。

 

珈琲館円_内装3

珈琲館円ステンドグラス

珈琲館円_椅子

珈琲館円_床

窓の上部などあちこちに飾られたステンドグラス、同じ配色のステンドグラス・ランプ、床の柄……店内を観察しながら、籐製の椅子に身を委ねてミックスジュースを味わっているとなんとも贅沢な気持ちに包まれます。

 

珈琲館円_内装2

一面ガラス張りの窓からは樹々やママの育てている花々が見えるので、本当に避暑地に来ているような錯覚を覚えました。
メジロなど鳥たちも集まってくる、まさに都会の避暑地です。

モダンな珈琲館 円を営むのは気さくなママさん。
創業40年ほどです。

小部屋に飾られた池田修三の木版画

珈琲館円_池田修三版画1

珈琲館円_池田修三版画2

驚いたのは今は使われていないという小部屋に、池田修三の木版画が何点も飾られていたことです

 

www.e-aidem.com

秋田県出身の池田修三の木版画は近年再注目されており、私も本やポストカードを持っていますが、展覧会以外で実際に目にするのははじめて。

興奮気味にママに聞くと、もともと池田修三の木版画が好きで店をオープンする40年前に百貨店で作品を買い求めたと仰っていました。

秋田ではプレゼントとして当たり前のように池田修三の作品を贈り合う文化があると本で読んだことがあるんですが、秋田から遠く離れた兵庫県伊丹市で池田修三の木版画と出会うとは……。

珈琲館円に訪れたのがもう少し前ならば池田修三の木版画とは気がつかなかったので、修三さんがここへ導いてくれた気がしました。

 

珈琲館円開店記念の粗品とマッチをもらう

珈琲館円_マッチと小銭入れ

記念としてマッチをもらうことはありますが、珈琲館 円では創業時に作ったという開店記念の小銭入れを併せていただきました。中にはご縁がありますようにと五円玉が!

小銭入れを見るたびに胸の中にあたたかいものがこみ上げてきます。

 

▼ブログの更新情報はツイッターで!良かったらフォローしてください。

珈琲館 円・店舗情報

【最寄駅】阪急稲野駅より徒歩5分
【住所】兵庫県伊丹市御願塚8丁目2-4
【営業時間】8時〜17時

▼あわせて読みたい!阪急沿線の喫茶店はこちらから

www.kissa-nostalgia.net

www.kissa-nostalgia.net

www.kissa-nostalgia.net

▼音楽好きな人におすすめ。Amazonプライムミュージックの記事

www.kissa-nostalgia.net