MENU

【京都・花の木】高倉健が撮影終わりに足繁く通った喫茶店

 

喫茶店巡りが趣味だと話すと「おすすめの喫茶店はどこ?」と聞かれることが多いのですが、難しい質問でいつも答えに窮してしまいます。

 

ホットケーキを食べるならこの店。
内装にうっとりするならこの店。
とびきり素敵な店主がいるのはこの店......と、利用する目的によっておすすめしたい店が変わるからです。

 

「京都で一番好きな喫茶店は?」


この質問の答えにも困っていましたが、「私が好きな京都の喫茶店5店を挙げるならこの店は必ず入れたい」と思う店を今回はご紹介します。

烏丸紫明交差点すぐの「花の木」。モーニングセットは3種類

 

花の木・入り口

花の木・入り口

店の名は「花の木」。

 

花の木・全景

花の木・全景

烏丸紫明交差点からすぐの場所にある、黒と赤のストライプのトンネルのようなひさしを抜けると、古いヨーロッパ映画に出てきそうな琥珀色に染まった空間が現れます。

 

花の木・壁の花柄

花の木・壁の花柄

初代店主がフランスで憧れたモダンなカフェを再現しようと創業したのがはじまり。

花模様の壁紙、床の白黒のタイルなど、内装は1966(昭和41)年の開店当時のままです。

 

花の木・モーニングメニュー

花の木・モーニングメニュー

8時から11時まで注文できるモーニングは3種類。

花の木・トーストモーニング

花の木・トーストモーニング

写真はトーストセット、400円。
美しい金色のテーブルはアンティークのお盆を利用して作ったものだそう。

 

飾られたジャン・ギャバンの特大パネルは高倉健からのプレゼント

花の木・健さんから贈られたパネル

花の木・健さんから贈られたパネル

カウンターの奥にあるジャン・ギャバンの特大パネルはこの喫茶店を愛した高倉健さんからのプレゼント。

 

東映京都撮影所での撮影が終わるとまずは夕飯を食べ、サウナに行き、最後に「花の木」を訪れ、小林稔侍などの大部屋俳優と夜中まで花の木で過ごしていたんだとか。

 

花の木・健さんの写真

花の木・健さんの写真


健さんが指定席にしていたテーブル5番の上部には、健さんの写真が飾られています。

 

自分だけの隠れ家にしておきたかったのですが、「こういうお店を探していた!」と心をときめかせてくれる方もいるはずなので、思いきって書いてみることにしました。

ぜひ、健さんの指定席に座ってみてください。

花の木・ブックマッチ

花の木・ブックマッチ

花の木・ブックマッチ

 

どなたか失念しましたが、ブックマッチのイラストは著名な方が描かれています。

花の木の現オーナーが健さんの思い出を語る

www.iza.ne.jp

産経新聞オンラインで現オーナーが健さんの思い出を語る記事が見られます。

 

▲健さんが通った「花の木」と熱海の喫茶店「ボンネット」の記事が読めます

 

花の木・店舗情報

【最寄駅】京都市営地下鉄・鞍馬口駅より徒歩10分
【住所】京都市北区小山西花池町32-8
【営業時間】8時~18時
【定休日】日曜・祝日

▼あわせてこちらの記事も読まれています

www.kissa-nostalgia.net

www.kissa-nostalgia.net

www.kissa-nostalgia.net

www.kissa-nostalgia.net