MENU

津市のおすすめ。地元民に愛される老舗喫茶店【三重・中村珈琲/サンモリッツ】

 

 

こんにちは、コトリス(@Kotori_fresh)です。

ブログを訪問してくださる方の使い勝手を考え、「全記事一覧」を作りました。

利用していただけると、手作業で作成した甲斐があります。

 

さて今回触れるのは、東海3県で唯一紹介してなかった三重県の喫茶店!


3日間乗り放題で4100円の「近鉄新春フリーパス」を使って三重県に向かったのは2015年のこと。

名古屋を目指したくなる気持ちをぐっと抑え、この時は三重縛りとして
桑名、四日市、津、松坂、伊勢の喫茶店を巡っていました。

 

三重を観光するにあたって、位置的に便利そうと宿泊先に選んだのは津駅前。

津市は三重の県庁所在地だし、喫茶店も多いだろうと見当をつけました。

寺社仏閣めぐりも兼ねていたので両手に足りるほどしか寄れませんでしたが、今も心に残る津市の喫茶店2軒をご紹介します。

中村珈琲(閉店)

津の喫茶店:中村珈琲外観

津に到着して最初に訪問したのが津の歓楽街・大門にある中村珈琲


隣には津市民がこよなく愛する甘味・蜂蜜饅頭を販売する「蜂蜜まん本舗」が。

グーグルマップには「中村洋品部」と記載されていますが、喫茶店です。

 

津の喫茶店:中村珈琲看板

入り口に純喫茶と書かれた年季の入った木の看板が設置してあるのでかなりの老舗と見たんですが案の定、創業は昭和30年(1955年)でした。

 

津の喫茶店:中村珈琲内装

津の喫茶店:中村珈内装琲

津の喫茶店:中村珈琲内装

洋品店やタバコ屋も兼ねていたようですが、今は喫茶店に鞍替え。
車の往来が激しい伊勢街道が真ん前にあるのに、ドアを開けると別世界のような静けさに包まれていました。

 

津の喫茶店:中村珈琲奥の席

雰囲気の違う奥の席で絵を眺めながらコーヒーを飲み、旅の計画を練っていました。

 

※「中村珈琲 」は閉店し、更地になっていると読者の方に教えていただきました。喫茶のすたるじあは閉店喫茶も同列に扱っているため情報は残しておきます。

 

 

 

サンモリッツ

津の純喫茶:サンモリッツ外観

日本三観音の一つに数えられる津観音と、5月にアーケードが撤去された大門大通り商店街近辺にある喫茶店。

47都道府県の純喫茶で三重県代表として紹介されています。

サンモリッツの詳しい歴史については本をご参照ください。

 

津の純喫茶:サンモリッツ内装

津の純喫茶:サンモリッツ内装

1965年に映画館「津東宝」に併設する喫茶店として創業。
2001年に津東宝は閉館しましたが、地元の人の憩いの場であるサンモリッツは営業を続けています。

 

津の純喫茶:サンモリッツ内装

津の純喫茶:サンモリッツ内装

夕食をいただくために19時頃に到着。
特徴的な半円型のカウンターの下には常連さんたちがたくさん。
はじめてなのでどこに座ろうか迷っていたら、常連さんがここに座ったらとカウンター席を譲ってくれました。

 

津の純喫茶:サンモリッツの絵

実は大阪出身だというママに「47都道府県の純喫茶」を見て来たことを告げると「あの本を見て来てくれた人、たくさんいるの」とにっこり。
津に2泊する予定だと話したら津のお土産と観光情報までリストアップしてくださいました。


朝から夜まで、あらゆる時間帯におすすめしたい喫茶店です。

サンモリッツ・店舗情報

【最寄駅】近鉄「津新町駅」より徒歩15分
【住所】三重県津市大門32-3
【営業時間】9時~21時
【定休日】無休

おすすめカフェ・ツァラトゥストラはかく語りき

喫茶店ではなくカフェですが、元航海士が転身して開いたブックカフェの「ツァラトゥストラはかく語りき」も忘れられない店。

BGMが青葉市子で食いついたら、ライブをやったんだと店主の方が教えてくださいました。


ここを目的地に津を再訪したいと思っています。

 

twitter.com

 

 

 

▼ツイッターでブログの更新情報や喫茶店のことを呟いています

★コトリスのツイッターをフォローする★

 

東海エリアの人気記事はこちらから

www.kissa-nostalgia.net

www.kissa-nostalgia.net

www.kissa-nostalgia.net