MENU

【丸福珈琲店千日前本店】小林カツ代が愛したコーヒーとホットケーキ

 

※2018年12月29日更新

こんにちは、喫茶店愛好家のコトリス(@Kotori_fresh)です。

シンプルに焼き上げられたホットケーキが食べたくなって、大阪・難波まで足を運びました。

 

大阪を代表する喫茶店、丸福珈琲店 千日前本店

うめだ阪急やHEPナビオ、西宮ガーデンズなど関西エリアはもちろん、名古屋、博多、東京にも出店している丸福珈琲店。

 

丸福珈琲店千日前本店外観

それぞれの店舗に個性がありますが、わざわざ足を運びたくなるほど愛着があるのは
大阪の繁華街・ミナミのど真ん中に店を構える千日前本店です。

 

丸福珈琲店千日前本店内装2

 

丸福珈琲店千日前本店内装1

重厚かつクラシカルな内装デザインは創業者によるもの。

 

丸福珈琲店の歴史は戦前までさかのぼります。

創業者が銀座で飲んだコーヒーに衝撃を受け、大阪でコーヒーを広めるために昭和9年(1934年)に通天閣そばで開業したのがはじまり。

 

丸福珈琲店千日前本店内装3

戦後すぐに千日前に本店を移し、以来「ミナミの応接間」として幅広い客層に愛されています。

外国人観光客の言葉が飛び交う店内は「アジアのど真ん中」という感じがして心が浮き立ちます。

 

田辺聖子の小説「薔薇の雨」では、主人公と恋人の行きつけの店として登場。

「奥へ行くにつれ、迷路のように広がった喫茶店なので人目を忍ぶにはぴったり」と書かれています。

小林カツ代が愛したコーヒーと銅板で焼き上げたホットケーキ

丸福珈琲店千日前本店ホットケーキ

名物のコクがあって濃いコーヒーと定番メニューのホットケーキを注文。
専用の銅版で1枚づつ焼き上げるホットケーキ。

作り方はどこの店舗でも同じだと思いますが、本店で食べると格別です。

 

 

大阪で生まれ育った料理家・小林カツ代は父の代から丸福珈琲店をよく利用していたそう。

大阪に帰って来た際に必ず寄るのは、同じくミナミにある「アメリカン」という喫茶店でしたが、丸福珈琲店もお気に入りの喫茶店でした。

『なんや知らんけど、大阪の老舗喫茶店で食べるホットケーキは気持ちをあたたかくしてくれる。自家製でしっかり練ったタネを注文を受けてから焼く、というのが大阪人が考えるほんまもんのホットケーキ』だと自著で綴っています。

客船で使われたステンドグラスの前の席が特等席

丸福珈琲店千日前本店ステンドグラスの席

豪華客船に使われていたステンドグラスの前の席が特にお気に入り。

 

丸福珈琲店千日前本店ステンドグラスアップ゚

千日前本店の奥に進むと目に留まるのがステンドグラス。
創業者が横浜の外国客船の解体オークションに出向き、一目で気に入って買い付けてきたものです。
ある時、このステンドグラスの前で立ち尽くしている一人の男性。お声をかけると、このステンドグラスのあった客船にコック見習いとして乗船していた方でした。
言葉もうまく通じず、コックの下積み生活で何度も日本に帰りたいと思ったが帰る事もできず…そんなつらい時代にこのステンドグラスを見ては自分を励ましていたとの事です。
たまたま旅先で美味しい珈琲を飲もうと立ち寄った店で再会するとは…と言葉を詰まらせておられました。
すぐそばの席が空くまで待っておられ、席を移られてからもステンドグラスと対話するように過ごされていました。
長い航海のあと、今は丸福に訪れる人々を見守っているような優しい光を放っています。 

http://marufukucoffeeten.com/kinen80/episode.html

 

自分好みの居心地のいい空間で食べると、ひときわ美味しく感じられるから空気感も大切な要素。私が飲食店の内装の写真を何枚も載せるのは、そんな理由もあります。

 

古い建物が好きだけど公開見学会などでしか入れない建物よりも、今を生きて機能している場所が好き。
だから利用用途がはっきりしている喫茶店に惹かれるのかもしれません。

毎年正月には年賀マッチが配布されます

丸福珈琲店千日前本店マッチ

毎年お正月期間のみ干支のマッチが配布されています。
お正月に行く機会はなかなか持てませんが、いつか年賀マッチをもらいたいな。

 

丸福珈琲店 千日前本店・店舗情報

【最寄駅】各線なんば駅、日本橋駅より徒歩5分
【住所】大阪市中央区千日前1-9-1
【営業時間】8時〜23時
【定休日】年中無休(元日のみ休業)
【公式サイト】http://marufukucoffeeten.com/index.php

▼よく読まれている大阪市内の喫茶店記事

www.kissa-nostalgia.net

www.kissa-nostalgia.net

www.kissa-nostalgia.net

www.kissa-nostalgia.net