MENU

きまぐれミルクセ〜キな徳山散歩。和の喫茶空間2選【たまゆら/ポパイ】

 

 

 

山陽地方の喫茶店のメニューによくミルクセーキを見つけるという話題を「ミルクセーキを求めて山陽喫茶店散歩。タコが揺れる児島のセピア」で書きましたが、山陽喫茶店散歩の続きも兼ねて、ミルクセーキが飲める徳山駅前のおすすめの喫茶店を2軒ご紹介します。

 

徳山駅があるのは山口県東南部にある周南市。
新幹線が停まる山口県の主要駅のひとつです。

 

ミルクセ〜キ散歩、1軒目は純喫茶たまゆら

徳山・純喫茶たまゆら

徳山駅で下車し徒歩3分ほどの場所にあるのが、高級料亭や寿司屋のような佇まいの純喫茶たまゆら。

 

徳山・純喫茶たまゆら

徳山・純喫茶たまゆら

店内に入って最初に目に飛び込んできたのは中庭です。

 

徳山・純喫茶たまゆら

徳山・純喫茶たまゆら

高級和風喫茶と名付けたくなるほど、優雅な空間……。
建物ごと文化財に指定されていてもおかしくはありません。
目を瞑ると若き文士たちが集っている姿が見えそう。

 

徳山・純喫茶たまゆら

たまゆらでもメニューにミルクセーキの文字を見つけたので頼んでみると、バニラアイスのような長崎流食べるミルクセーキが出てきました。

ふわふわのソファに座ってクラシックを聴きながらいただくミルクセーキは、山陽ミルクセーキ散歩No. 1の味! 絶妙なシャリシャリ感と甘みが忘れられません。

ロイヤルコペンハーゲンのカップで出してくれるたまゆらブレンドも気になったメニュー。頼んでみたかったなぁ。

 

徳山・純喫茶たまゆら

たまゆらの創業は昭和40年(1965年)。


接客してくださったのは見るからにお金持ちそうなマダム。
飾られた骨董品や絵画を見て美術館のようだとうっとりしていた私に、店のこだわりや徳山のことを教えてくださいました。
外観に恐れをなすのか地元の方は来ないそう……。


ここまで「高級かつ上質」な喫茶店はそうそうないので、山口県周辺の方はぜひ足を運んでくださいませ。

 

純喫茶たまゆら・店舗情報

【最寄駅】JR徳山駅より徒歩3分
【住所】山口県周南市栄町1丁目44
【営業時間】9時~17時
【定休日】土・日・祝

 

 

ミルクセ〜キ散歩、2軒目はポパイ喫茶店

徳山・ポパイ喫茶店

徳山・ポパイ喫茶店

2軒目のポパイ喫茶店も駅近で、徳山駅から徒歩1分ほど。

和風と洋風の要素を取り入れた独特の内装が格好いい。

 

徳山・ポパイ喫茶店

古時計が100個以上飾られた名古屋の喫茶店・古時計を以前紹介しましたが、ポパイは吊るされたランプの数が尋常ではありません。

店そのものが骨董品のようです。

 

徳山・ポパイ喫茶店

徳山・ポパイ喫茶店

ミルクセーキをこの空間で飲むとハイカラな気分になります。

 

徳山・ポパイ喫茶店

「たまゆら」でも目にした目結紋(丸に隅を合わせた四つ目の家紋)が暖簾に描かれていました。


周南市にゆかりのある長府毛利家の家紋とは違いますが、どうしてこの家紋が飾られているのかわかる方がいたら教えてくださいませ。

 

徳山・ポパイ喫茶店

徳山・ポパイ喫茶店

かつて新宿にあった伝説の喫茶店「茶房青蛾」はこんな店だったのかしらと想像をめぐらせていました。(青蛾は昨年東中野で復活を遂げました)

ポパイの創業は「茶房青蛾」の1年先輩にあたる昭和21年(1946年)。

徳山空襲で被害を免れた蔵を喫茶店に改装したという話を伺いました。

ママは老舗ではないと謙遜されていましたが、昭和21年創業の喫茶店は全国でもそうそう残っていません。
ポパイも文化財に指定していただきたい。

 

 

 

 ▼たまゆらを含め、昔ながらの喫茶店も紹介されています。 

ポパイ喫茶店・店舗情報

【最寄駅】JR徳山駅より徒歩1分
【住所】山口県周南市銀座2丁目2
【営業時間】10時~18時
【定休日】月

▼あわせて読みたい!山陽地方の喫茶店はこちらから

www.kissa-nostalgia.net

www.kissa-nostalgia.net

www.kissa-nostalgia.net