喫茶のすたるじあ

未来的郷愁ブログ

MENU

【写真満載】長楽館で自分史上最高の朝食を。ロココ様式の迎賓の間を独占

 

 

【この記事は2018年6月3日に更新しました】

昨日書いた【写真満載】誕生日に全6室のホテル長楽館で宿泊。高級なのにコスパ良しに続き京都・祇園の近代建築を使ったホテル長楽館2日目の滞在記録です。

 

チェックイン当日はカフェで過ごしたあと夜の京都を散策する予定でしたが、ホテルの居心地が良すぎてそのまま部屋でくつろいでいました。

長楽館に来る前にイノダコーヒでアラビアの真珠をいただき、さらに長楽館カフェでウインナコーヒーを飲んだことにより覚醒して、滞在時間の睡眠時間は3時間ほど。

客室内に長楽館がロケ地として使われた映画「冬の華」(高倉健版あしながおじさん)のDVDが置いてありました。

Amazonプライムビデオにもあったので、後日見てみます。 

 

迎賓の間で朝食

長楽館2日目-1

翌日の朝食は1階にある応接間「迎賓の間」でいただきました。

 

長楽館2日目-2

長楽館2日目-3

長楽館2日目-4

迎賓の間は日本の西洋館に現存する唯一のロココ様式。

往時のままの調度品が飾られており、ベルサイユ宮殿を思わせる豪華さに度肝を抜かれました。

9時から朝食の予約をしたらほかの宿泊客と入れ違いになり、この空間を独占。

 

長楽館2日目-5

長楽館2日目-6

3種類から選べるパンとジュース、スープ、サラダ、オムレツとスクランブルエッグから選べる卵料理、フルーツ、コーヒーまたは紅茶がコース料理のように一皿ずつサーブされます。

高級家具や調度品に囲まれながら、自分史上最高の贅沢モーニングを味わいました。

変なテンションになって担当者さんに「夢のようです」と連呼。

さらなる館内ツアー

紹介していない部屋がまだまだあります。

長楽館2日目-7

まずは「球戯の間」。

 

長楽館2日目-8

長楽館2日目-9

もともとはビリヤードを楽しむ部屋として使われていました。

 

長楽館2日目-10

長楽館2日目-11

「長楽館ブティック」は、贈り物などに最適なクッキーやパウンドケーキなどを買えるショップ。

 

長楽館2日目-12

足の下のステキな床」案件の床をまたまた発見。

 

営業時間の11時まで館内を回遊しました。

長楽館2日目-13

長楽館2日目-14

長楽館2日目-15

シック、ロマンチック、ゴージャス……部屋それぞれに違う様式の華やかさがあり、撮った写真の枚数が凄いことに。

 

長楽館2日目-19

長楽館2日目-17

伊藤博文が詠んだ歌の一句、“長楽未央”は漢詩であり、長楽館の刊行物のタイトル。

「長い楽しみはこれからも尽きることがない」という意味ですが、100年を超えてまだ輝きが衰えることのない長楽館の未来を予言するかのよう。

タバコのパッケージをデザインしたコースター

長楽館2日目-18

最後にお世話になった担当者さんから誕生日祝いとして頂いたコースターのご紹介を。

長楽館は日本初の紙巻きタバコ「サンライス」の大ヒットにより財をなした村井吉兵衛の別邸。

村井の会社「村井兄弟商会」製のタバコのパッケージを使ったコースターが、長楽館カフェで使用されています。

私の趣味のマッチ作りとつながって、とても嬉しく思いました。

 >>マッチ箱は小さなキャンバス。無地マッチでオリジナルマッチを手作り

 

以上2日間にわたり紹介した長楽館内部ツアーはいかがでしたか?

写真を見ながら私も余韻に浸っています。

長楽館はカフェやフレンチ・イタリアンレストランもあるので、アフタヌーン・ティーやランチをご利用くださいませ。

【長楽館】イタリアンコーラルのサラダブッフェ 3500円

【長楽館】元来賓のダイニングとして使われたフレンチレストラン ル シェーヌ

 

長楽館

【最寄駅】阪急河原町駅より徒歩15分
【住所】京都市東山区八坂鳥居前東入円山町604
【営業時間】店により異なる
【定休日】無休
【公式サイト】http://www.chourakukan.co.jp/

あわせて読みたい!洋館の記事はこちらから

【写真満載】旧乾邸は阪神間モダニズム邸宅の象徴。見学のチャンスは年2回