MENU

イケフェス大阪2018で特別公開!今年100周年を迎える大阪市中央公会堂

 

 

こんにちは、建築に詳しくはないけど鑑賞するのは好きなコトリス(@Kotori_fresh)です。

生きた建築ミュージアムフェスティバル2018(イケフェス大阪2018)の開催まで1か月を切りました。

 

生きた建築ミュージアムフェスティバル(イケフェス大阪2018)とは

開催日:10月27日(土)・28日(日)

イケフェス大阪2018 | 生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2018

生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪(通称:イケフェス大阪)は、毎年秋の週末に、大阪の魅力的な建築を一斉に無料公開する、日本最大級の建築イベントです。
長いときを刻んだ歴史的な建築から最新技術を用いた現代の超高層ビルまで、有名建築家のあの名作から昭和の雰囲気を色濃く残す街場のバーまで、大阪という都市の魅力を様々に物語る100以上の「生きた建築」が、一斉にその扉を開きます。

 

普段一般公開されていない貴重な建物内を見学できる建築好きには毎年待ち遠しいイベント。昨年は悪天候にもかかわらず延べ3万人以上が足を運びました。

 

過去に紹介した喫茶店、大阪駅前第一ビルのマヅラやキング オブ キングスも特別公開会場に選ばれています。

www.kissa-nostalgia.net

www.kissa-nostalgia.net

イケフェス大阪2018公式ガイドブックが発売中

プログラムによっては事前の申し込みが必要なものもあるので、詳細については公式サイトやガイドブックをチェックしてくださいね。

今年100周年を迎える重要文化財・大阪市中央公会堂

100以上の建築が2日間だけ公開されるので毎年どれを見に行こうか迷うんですが、1918年(大正7年)に建設された大阪市中央公会堂が今年100周年を迎えるので第一候補に入れています。

建築に詳しくないけど重厚な建築物を見たいという方は、大阪市のランドマークである大阪市中央公会堂を見に行きましょう。

 

大阪市中央公会堂外観

北に堂島川、南に土佐堀川と2つの川に挟まれた中之島は、日本銀行大阪支店、市役所、図書館、公会堂と重厚な建築物が集まる地。

 

東京駅丸の内駅舎を手がけた辰野金吾が設計した「大阪市中央公会堂」は、国指定重要文化財で大阪市のシンボルです。

 

「館内ガイドツアー」が毎週行われているんですが、見学できるのは「特別室」のみ。

イケフェス大阪2018では大阪市中央公会堂100周年を記念して、今回はじめて大中小の各集会室と特別室が一斉公開されます。

 

特別公開日時:10月28日(日)15時〜20時(最終入場19時)

大阪市中央公会堂・特別室

大阪市中央公会堂特別室ステンドグラス

以前参加した館内ガイドツアーで、日頃は公開されていない特別室を見る機会に恵まれました。

 

大阪市中央公会堂特別室天井

半円形に沿った天井画と巨大なステンドグラスが迎えてくれる特別室は挙式などに使われています。

 

大阪市中央公会堂特別室ステンドグラスアップ

大阪市中央公会堂特別室ステンドグラス澪標

ステンドグラス上部左右には慶祝を象徴する鳳凰が、四隅には大阪市の市章である澪標(みおつくし)がデザインされています。

イケフェス大阪2018で公開される大集会室と中集会室

大阪市中央公会堂大集会室

収容人数1161人の大集会室。

こちらは昨年末に行われた「ONE☆COIN(500円)見学会&コンサート」を見に行った際に撮った写真です。


天井のUFOのようなシャンデリアは昭和12年の大修理の際に撤去したものを復元したもの。
コンサートもよく行われていて、過去に小島麻由美のコンサートを見に来たことがあります。

大阪市中央公会堂中集会室

宮殿の大広間のような中集会室は床から天井まで9メートル。
音響効果が素晴らしいためクラシックコンサート会場として利用されることが多い部屋です。

 

大阪市中央公会堂中集会室ステンドグラス

東西の天井側面にはさまざまな鳥の油絵と大阪港をイメージしたステンドグラスが設置されています。

 

プロジェクションマッピングが映ったステンドグラス

大阪市中央公会堂プロジェクションマッピング

特別室のステンドグラスにプロジェクションマッピングの映像が映りこんでいました。

まとめ

大阪市内全域で行われるイベントですので、ぜひお出かけくださいね。

イケフェス大阪2018 | 生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2018

 

 
▼あわせて読みたい!建築のおすすめ記事はこちらから

www.kissa-nostalgia.net

www.kissa-nostalgia.net

www.kissa-nostalgia.net