喫茶店案内

【神戸・欧風料理もん】川西英がデザインしたマッチがもらえる老舗洋食店

欧風料理もんのマッチ箱

先日久々に蛍池の「珈琲家族 可輪亜居」に寄ったら、マッチ目当てに来店する若いお客さんが増えたそうでマスターがとても喜んでいました。

私のブログ記事や村田商會の「喫茶店の椅子とテーブル」を読んで足を運んでくださった方々、どうもありがとうございます。

さて今回はレトロなデザインのマッチが貰える神戸の老舗洋食店をご案内します。

神戸三宮駅すぐの老舗洋食店・欧風料理もん

神戸といえばパン、コーヒー、洋菓子……語るべきものは数あれど、中華や洋食が神戸グルメの代名詞だと思います。

 

神戸・欧風料理もんの外観全体図欧風料理もんの看板

神戸の“ハイカラ・モダン”を体現する洋食店として推薦したいのが、生田神社に向かう参道にある1936年(昭和11年)創業の「欧風料理もん」。

ずっと同じ場所にあるような佇まいですが、阪神・淡路大震災で大きな被害を受け今の場所に移転しました。

「欧風料理もん」は普段使いの洋食店よりはお高めの価格帯ですが、雰囲気はやはり格別。最初は入りやすいランチタイムに来るのがおすすめです。

 

神戸・欧風料理もんの2階客席縦写真

老舗の風格に触れたいという好奇心が抑えがたく、恐る恐る入店した数年前。

 

神戸・欧風料理もんの2階客席横写真欧風料理もんの鏡が飾られた客席

2階への階段を上った先に現れたのは、舶来趣味にあふれた空間。

飾られた絵や無国籍な雑貨などが独特の情緒を織りなしていて、勇気を出して入ってよかったと思いました。

スポンサーリンク

欧風料理もんのマッチは版画家・川西英のデザイン

川西英デザインの欧風料理もんメニュー裏表紙

メニューの裏表紙に使われているのは、神戸をこよなく愛した版画家・川西英の絵。

三宮センター街のアーケードにも川西英の作品を使ったステンドグラスが設置されているほど、神戸っ子には馴染みの深い版画家です。

メニューだけではなく、カツサンドを包む包装紙やマッチ箱にも川西英の絵が使われていて、もんに行くたびにマッチをお土産にもらうのが楽しみです。

 

欧風料理もんのマッチ箱こちらが欧風料理もんのマッチ。

童話の挿絵のような絵が素敵でしょう?
現時点で貰えるマッチの中では上位に入るデザインだと思います。

特にマッチを集めていない方でも、このデザインなら神戸土産として欲しくなるのでは?

マッチは2階客席入り口の公衆電話の下にまとめて置かれているので、マッチの有無をなかなか聞けないという方でも安心ですね。

欧風料理もんのおすすめメニュー

名物とんかつ 1650円
とんかつ定食 1800円
もん風コロッケ 1650円
サンドイッチ(ビーフカツ)1950円
サンドイッチ(ミックス・玉子・野菜)1300円

なかなかの価格帯……。

 

欧風料理もんのオムライス

いつも頼むお味噌汁つきのオムライス(1250円)をこの日も注文。
ソースは自分の好みで調節できます。

卵を4個使ったボリュームのあるオムライスはバターの風味がたっぷりのチキンライスが決め手。

ふわとろの玉子焼きも幸福度高し!
あっという間に平らげました。

神戸に遊びに行く際は欧風料理もんをぜひ候補に入れてくださいね。

欧風料理もん・店舗情報

【最寄駅】阪急神戸三宮駅西出口よりすぐ
【住所】神戸市中央区北長狭通2丁目12-12
【営業時間】11時〜21時
【定休日】第3月曜

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です