おでかけ

【京都・橋本の香】旧遊廓のたてものを使った旅館をじっくり見学

橋本の香・ステンドグラス外から
妓楼建築の旧第二友栄楼がクラウドファンディングに挑戦中

東華菜館に行った翌日、一人でかつての遊廓建築を使った旅館「橋本の香(かおり)」へ。

見学のみも受け付けていることを知り、足を運びました。

往時の建物が残る旧橋本遊廓をそぞろ歩き

泊まれる遊廓、橋本の香があるのは、京都府八幡市(最寄りは京阪橋本駅)。
京阪祇園四条駅から30分足らずで到着します。

京都と大阪を結ぶ京街道にある遊郭は古くから栄えていたそう。
現在は住宅街ですが、かつては遊廓だったんだろうなと推測できる建物が綺麗に残っていました。

 

橋本遊郭・多津美旅館の外観 橋本遊郭・多津美旅館のステンドグラス

かつて「本通り」と呼ばれたメインストリートにあるのが、書籍「遊廓に泊まる」にも掲載されている多津美旅館。

遊廓跡を巡っている方には有名な旅館ですが、今回の目的は「橋本の香」なので外観を眺めるだけに留めます。

遊廓建築を使った旅館、橋本の香(かおり)

橋本の香・外観 橋本の香・外観正面

多津美旅館と同じメインストリートにあるのが旅館 橋本の香(かおり)。
2020年6月に漢方エステとして開業していますが、10月に旅館業の許可を得て宿泊もできるようになりました。

 

橋本の香・玄関ホール玄関ホール
橋本の香・玄関のタイルカラフルなタイルが目を引く
橋本の香・待合室待合室

 

迎えてくださったのはオーナーの政倉さん。
事前に連絡せずに足を運んだんですが、解説付きで一部屋ずつ案内してくださいました。

旅館 橋本の香 1階

橋本の香・一階メインルーム 橋本の香・床の間

一階のメインルーム。
置いてある座卓や掛け軸なども建物と一緒に引き取ったそう。

 

橋本の香・一階通路メインルームの先には中庭。

 

橋本の香・中庭のステンドグラス正面から 橋本の香・中庭のステンドグラス斜めから
橋本の香・中庭のステンドグラス中庭のステンドグラス

 

カーブを描いたステンドグラスの出窓。はじめて見る形だったのでテンションが上がりました。

下のスペースは洗濯機置き場になっていたけど、日本一おしゃれな洗濯機置き場ではないでしょうか。

 

橋本の香・中庭のタイル中庭の片隅のタイル




旅館 橋本の香 2階

橋本の香・2階 橋本の香・2階階段と通路
橋本の香・客室一番人気の遊女が使っていた広い部屋

 

続いて2階へ。現在は旅館の客室として使われています。

 

橋本の香・ステンドグラス外から 橋本の香・ステンドグラスのある小部屋橋本の香・ステンドグラスのある小部屋 橋本の香・ステンドグラスアップ

楕円形のステンドグラスがある部屋は、遊廓時代遊女と対面する部屋として使われていたんだとか。

 

橋本の香2階・物干しスペース物干しスペースは改築して取り付けた

 

橋本の香・欄間ステンドグラス欄間のステンドグラスと扇の意匠

 

橋本の香・2階トイレ
橋本の香・2階トイレのタイルトイレにもタイル

 

橋本の香・2階色ガラス道路に面した2階の窓には色ガラスがはめ込んである

 

橋本の香・2階からの眺め2階からの眺め。遊廓だった頃は遊女が2階から客に手を振っていた

 

まとめ

オーナーに「どこでも好きに見学していいよ」と言ってくださったので、お言葉に甘えてあちこち見ることができました。

最近オーナーが二軒隣の別の遊廓建築を買い取り、こちらも見学できるようになったそう。

私もまた足を運びたいです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

(2021年4月現在)妓楼建築の旧第二友栄楼がクラウドファンディングで支援を募っています

旅館 橋本の香・店舗情報

【最寄駅】京阪本線橋本駅より徒歩2分
【住所】京都府八幡市橋本小金川2
【見学のみ】500円
【公式HP】https://ryokan-kaori.com/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です