おでかけ

【東華菜館】日本最古のエレベーターがあるヴォーリズ建築の北京料理店

東華菜館・大宴会場

10年目の結婚記念日に、長年憧れていた東華菜館 本店で食事をしてきました。

スポンサーリンク

ヴォーリズが手がけた唯一のレストラン建築・東華菜館

東華菜館・外観正面鴨川にかかる四条大橋のたもとにそびえ立つ、デコラティブな東華菜館

 

東華菜館は、1926(大正15)年竣工。
W. M. ヴォーリズが手がけた唯一のレストラン建築です。

もともとは西洋料理店「矢尾政」がビアレストランとして建築した建物でした。
戦後、建物は北京料理店「東華菜館」の手に渡り、修復を重ねながら大切に使われています。

建築家の藤森照信先生によると、建物全体のデザインは大正の末から昭和にかけて流行したスパニッュ・バロック様式だそう。

東華菜館・外観ファザードファザード上部には羊の顔。魚、野菜など食材をモチーフにしたテラコッタ装飾が施されている

 

東華菜館・玄関内部のレリーフ玄関内部には蛸と貝のレリーフ。ディテールデザインは「立体芸術の天才」と称された佐藤久勝氏によるもの

 

東華菜館・玄関の扉自動扉は人動式。開け閉めは店員さんがしてくれる

 

東華菜館は鉄筋コンクリート造5階建。

地下は厨房、1階は待合室、2階と3階は個室、4階は宴会場で、5階は予約なしの一般客が利用できます。

 

東華菜館・一階待合室1階待合室

 

東華菜館・一階天井1階天井

 

東華菜館・パーテーションヴォーリズデザイン。照明付きの衝立

 

スポンサーリンク

日本最古の運転手付き手動エレベーター

東華菜館・エレベーター
東華菜館・エレベーターの注意書きエレベーターの注意書き
東華菜館・運転手がいるエレベーターアメリカ・オーチス製のエレベーターは運転手による手動式

 

楽しみにしていた日本最古のエレベーターに乗り、5階の客室へ。

蛇腹式内扉、時計針式のフロアインジケーターを備えた、現存する日本最古のエレベーターです。

何度も乗り降りしたかったんですが、大人なので行きと帰りのみで我慢しました(笑)

東華菜館でディナー

東華菜館・5階客席ビアレストラン時代はグリルルームとして使われていた5階に通していただきました。予約なしで行った場合は、5階か大宴会場に通されます。

外にはテラス席があり、夏場のランチタイムに人気なんだとか。

 

東華菜館・5階の小部屋5階の小部屋の床

 

東華菜館には最安料金1人5000円からのコースメニューか、一品メニューしかありません。

 

東華菜館・春巻きおすすめメニューは春巻き
スポンサーリンク

食事後に東華菜館館内を見学

食事後支払いを済ませ、メインイベントの館内見学をお願いしました。

見学のみの利用は不可ですが、東華菜館で食事をした方ならどなたでも館内を見学できます。

4階と5階の間には階段がなく、エレベーターでしか移動できません。

 

東華菜館・2階に上がる階段1階脇の階段から見学スタート
東華菜館・2階に上がる階段上部の装飾天井にはイスラム風の幾何学模様が。同じくヴォーリズ建築の神戸女学院にも似た模様があった
東華菜館・階段 東華菜館・階段2 東華菜館・階段の窓柵 東華菜館・階段室の照明

階段だけでも胸焼けするくらい見所があります。

 

東華菜館・エレベーターホール3 東華菜館・エレベーターホール2
東華菜館・エレベーターホール1オリエンタルな家具や調度品は、北京料理店になってから中国から取り寄せたそう

 

各階の階段室も個性が様々。

2名から18名用の各種個室は、コース料理を予約したら利用可能

東華菜館・個室東華菜館唯一のステンドグラス付き飾り棚がある個室
東華菜館・小宴会場小宴会場
東華菜館・大宴会場4階大宴会場

 

利用されていない部屋であれば、全部屋見学できます。全部で十数室ある部屋はそれぞれ異なった雰囲気なので、時間をかけて見て回ることをおすすめします。

 

東華菜館・向かいから見た全景

北東から見た東華菜館意匠など細部を味わい尽くした翌日、再度外観を見学に訪れました。
遠方から全景を見たときに、目立つのが屋上の塔。

教会にも見えるこの塔は、エレベーターの昇降機が納められているマシンルームなんだとか。建物の余韻に浸りながら、また来ることを誓いました。

ぐるなびから東華菜館の予約ができます

東華菜館はGoToイートにも対応しています。
電子クーポンと紙クーポン共に使えるので、京都旅行を計画している方はこの機会に体験してみてはいかがでしょうか。

席の予約はぐるなびでできますが、楽天ポイントには対応していません。

東華菜館 本店・店舗情報

【最寄駅】阪急京都河原町駅1番B出口すぐ、京阪祇園四条駅3番出口すぐ
【住所】京都市下京区四条大橋西詰
【営業時間】11時半〜21時半
【定休日】年中無休
【公式サイト】http://www.tohkasaikan.com/

▼阪急バーチャル駅長で書いたヴォーリズ建築の神戸女学院の記事。学校内の写真はネット掲載不可ですが、この時は特別に許可していただいたのでリンクを張っておきます

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です