大阪

なんば・珈琲艇CABIN(キャビン)モダンビルにある豪華客船喫茶

珈琲艇CABINの客席

ひとり時間を満喫するために喫茶店を利用することが多いためひとり喫茶率は95%ですが、遠方から来る誰かをもてなす時に利用したい喫茶店が今回取り上げる珈琲艇CABIN(キャビン)。

大阪メトロ純喫茶めぐり」にもラインナップされている、各線なんば駅が最寄りの「珈琲艇CABIN」(No.16)をご案内します。

モダンビルの珈琲艇CABIN(キャビン)は客船をイメージした喫茶名建築

珈琲艇CABINの入るビル西横掘川と道頓堀川が交流する地点に建つ川西湊町ビル。脇には高速道路が走る

 

なんばウォーク(地下街)を通って、港町リバープレイス方面を目指すのがわかりやすいルート。26D出口を出て、四つ橋筋にかかる深里橋を渡ると到着。

竹中工務店が1935年に建てたモダンなビル「川西湊町ビル」の1階に珈琲艇CABINがあります。

 

珈琲艇CABINのデッキ近づくと川の上にデッキが

 

川の上に停泊する船を発見!

 

珈琲艇CABINの外観

珈琲艇CABINのロゴポパイのロゴが目印

 

珈琲艇CABINの地下への入口入口は橋の下なので階段を利用します

 

珈琲艇CABIN(キャビン)の船内へ

珈琲艇CABINのカウンター 珈琲艇CABINの店内 珈琲艇CABINの客席
珈琲艇CABINの丸窓船舶用の丸窓、デッキへとつながるハッチなどまさに船の中

 

珈琲艇CABINは1975(昭和50)年創業。

内装のテーマは豪華客船なんですが、薄暗いので潜水艦を連想します。

私が珈琲艇CABINをはじめて訪れたのは2014年。

山之内遼さんの「47都道府県の純喫茶」に大阪代表として紹介されていたことがきっかけ。

都会にいながらクルーズ気分が味わえるため現在は遠方からもお客さんがやってくる人気店になりましたが、昔は「誰もが通ったことのある場所なのに視野に入ってこない超穴場喫茶」として雑誌に掲載されていたんですよ。

 

より非日常を体験したいなら土日祝以外の来店を推奨

珈琲艇CABIN店内全景「大阪メトロ純喫茶めぐり」が切札になったのか、何組も席の待ち時間が発生するほどの盛況っぷりで、店内写真を撮るのは難しそう(掲載した写真はすべて過去に撮影)。

参加店の中で土日祝に営業している喫茶店が少ないことも、お客さんが殺到する原因になっているのかな。

料理の提供はもちろん、オーダーを聞きに来ること自体がいつもより時間がかかり、「マスター大丈夫かしら……」とヒヤヒヤ。

店の方との交流も喫茶店めぐりの楽しみのひとつですが、今はその余裕がなさそうでした……。

ポパイのロゴを使ったマッチは打ち止めです。

珈琲艇CABIN(キャビン)・店舗情報

【最寄駅】各線なんば駅26D出口より徒歩2分
【住所】大阪市西区南堀江1丁目4-10
【営業時間】平日:7時~18時、土:9時~18時、日祝:12時~18時
【定休日】不定休

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です