喫茶店案内

【焼津・キャノン】昭和レトロな喫茶店兼ローカルハンバーガーショップ

ティールームキャノン・外観

静岡旅行の終着地点は熱海でしたが、熱海に着くまでに途中下車して寄りたい喫茶店がありました。

2016年4月、はじめて静岡旅行した際に降りた駅が浜松、掛川、富士宮、三島だったので、前とは違う駅で降りてみようと選んだのが静岡中部の焼津駅。

今回は焼津市で訪れた喫茶店「キャノン」をご紹介します。

焼津市ではじめてハンバーガーを提供した喫茶店、ティールームキャノン

焼津市神武通り焼津市神武通り商店街

 

焼津駅に到着したのは夕方。
寂れた焼津駅前通り商店街を抜けて、20分近く歩いたでしょうか。

 

ティールームキャノン・外観神武通り商店街の「キャノン」に到着。

キャノンは焼津に大手ハンバーガーショップがオープンする以前の昭和31(1956)年創業。
焼津ではじめてハンバーガーを提供した店として知られています。

 

ティールームキャノン・看板「キャノン」の書体がいい。初代が昭和通りでカメラ店を経営していたのが店名の由来

 

ティールームキャノン・外のメニューラスポテトのポスターに釘付け!

 

ティールームキャノン・入ってすぐ ティールームキャノン・キッチン

いざ入店。

大手ハンバーガーショップと同じく先に注文と会計を済ませるシステム。
店舗の手前がキッチンで、奥が客席です。

 

ティールームキャノン・店内のメニュー
ティールームキャノン・サインとメニュー店内のメニュー表示。ここには載っていないパスタ類など軽食メニューも豊富。ハンバーガーの他に、銅板で焼くホットケーキも人気があるそう

 

ティールームキャノン・店内
ティールームキャノン・店内奥内装は喫茶店の雰囲気

 

キャノンはご夫婦と息子さんで営んでいる喫茶店ですが、この日迎えてくれたのはおじいちゃんマスターおひとり。
先客がいなかったので、マスターとお話しできました。

キャノンのチーズバーガーと懐かしのラスポテトを味わう

ティールームキャノン・ハンバーガーとポテトとジュース注文したのはチーズバーガーとグレープジュース。

昭和の味・ラスポテトも食べたかったんですが、チーズバーガーと一緒に完食する自信がなかったので注文しないでいたら、おまけで少量つけてくれました!!

揚げる手間がかかるのに、めちゃくちゃ嬉しかったです(感涙)

 

ティールームキャノン・ラスポテト懐かしいラスポテト!マヨネーズとチリペッパーをかけて食べるのがおすすめ

 

ティールームキャノン・チーズバーガー肉汁たっぷり、とろりチーズが食欲をそそる。バーガーバンズは焼津っ子に愛されるウメパン(梅原製パン)

 

お待ちかねのチーズバーガーもいただきます!

店の雰囲気が大きく作用しているからだと思うんですが、大手のハンバーガーチェーン店とは一線を画す味わい。

はじめてなのに、とても懐かしい。

おじいちゃんマスターのイメージに引っ張られて、夏休みにおじいちゃんが孫を喜ばせようと作ってくれたハンバーガーの味(どんな味や)がしました。

なんでもないような味だけど、そこがいいんだよなぁ。

 

キャノンを後にする際に、マスターが私のオリンパスのカメラで記念写真を撮ってくださいました。

「キャノン」なのに、オリンパスのカメラで撮らせてごめんなさい……。

ティールームキャノン・店舗情報

【最寄駅】JR焼津駅より徒歩15分
【住所】静岡県焼津市本町5丁目8-18
【営業時間】10時~19時半
【定休日】水

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です