おでかけ

【国立京都国際会館】新美の巨人たちで特集されたモダニズム建築

京都国際会館・メインロビー全景

京都洛北。宝ヶ池に佇む国立京都国際会館は、日本初の本格的な国際会議場として1966年に開館しました。設計は丹下健三の一番弟子で右腕だった建築家・大谷幸夫氏です。

本来は催事の参加者しか入ることができない建物なんですが、月に1回程度館内を見学できる「特別見学会」が開催されています。

運良く「特別見学会」に当選したので、建物を堪能してきました。

スポンサーリンク

国立京都国際会館 特別見学会に参加

京都国際会館・外観外観はウルトラセブンの「地球防衛軍基地」のモデルになった

 

2021年7月22日〜25日、夏休みイベントとして一般開放されていた国立京都国際会館の特別見学会に参加。期間中は誰でも館内を自由に見学することができますが、特別見学会当選者は通常入れない部屋にも入れました。

5月22日に放送された「新美の巨人たち」は国立京都国際会館特集。

建築の魅力を紐解くArt TravelerでHey! Say! JUMPの伊野尾 慧さんが訪れた影響か、若い女性の姿も多く見られました。

では中へ……。

 

京都国際会館・ 入口
京都国際会館・ 入口2階より訪れる人が必ず通るアプローチ

 

正面玄関から受付に進むとレトロフューチャーな吹き抜けの空間が広がります。

吹き抜けを抜けると、各会議場を立体的に繋いでいるメインロビーへ。多層的に床が広がる巨大な空間です。

 

京都国際会館・メインロビーのステンドグラスフロアを挟んだ2つのステンドグラスが客人を迎える
京都国際会館・ロビーとV字の柱 京都国際会館・メインロビー全景
京都国際会館・V字の柱巨大なV字の斜め柱が連なって見える
京都国際会館・メインロビー家具のほとんどは日本を代表するインテリアデザイナー・剣持勇によってデザインされている

 

メインロビーは「世界各国の人が交流して物事を決めていく空間」をイメージして設計されています。

建築家・大谷幸夫には『物事は会議室の中ではなく、個別に会ったときに決まっていく。ロビーなど形式ばらない場所での会話で重要なことが決まる』という狙いがあり、メインロビー以外にもあちこちに居心地のいいロビーが配されています。

 

京都国際会館・カーペット館内のカーペットは苔をイメージしたモスグリーンで統一。
いたるところにフォトスポットが設置されていました。

スポンサーリンク

「京都議定書」が採択された大会議場

京都国際会館・大会議場全景UFOのような円形は天空に浮かぶ地球をイメージしている
京都国際会館・大会議場舞台演壇で記念撮影

 

国内唯一の国連方式を採用した大会議場は最大2000人が収容可能。1997年の「京都議定書」が採択された会場として知られています。

 

京都国際会館・大会議場客席側台形なので音が反響しない
京都国際会館・大会議場代表団席代表団席の椅子と机は藤森健次デザイン
京都国際会館・大会議場横から六角形の窓の向こうが同時通訳ブース
京都国際会館・大会議場通訳室特別見学会当選者のみ通訳室に入れた。建物が台形になっているので、座っていても議場が見える

 

斜めの障子がある和風会議場

京都国際会館・会議場C1 京都国際会館・会議場C1斜めの障子

「新美の巨人たち」に出てきた和風の部屋は、唯一窓がある会議場。台形の傾いた部屋にあわせて、斜めの壁面に障子を建てつけています。

スポンサーリンク

京都国際会館の外観と豊かな自然に囲まれた庭園

庭園から見た京都国際会館 庭園から見た京都国際会館の建物
庭園から見た京都国際会館全景背景の山並みと調和をはかった外観のデザイン

 

巨大なコンクリートの建築物でありながら風景と馴染んでいるのは、建物の形が台形だから。

東に比叡山を望む宝ヶ池の周囲は小高い山並みが続く場所。
山の稜線に合う形として台形という発想が生まれました。

 

2階から見た庭園
京都国際会館・2階から見た庭園回廊をめぐらせた池と庭園

 

風光明媚な宝ヶ池を借景にとりこんだ「日本式回遊庭園」は、大谷幸夫が日本の原風景の里山や棚田にも通じる庭園として設計。

池では白鳥が2羽飼われています。

京都国際会館内にあるNIWA caféで一息

京都国際会館・2階から見下ろしたカフェ2階から見下ろしたラウンジ

 

京都国際会館・niwacafeテラスでいただいたクリームソーダとスワンシュー

 

京都国際会館内には京都の老舗喫茶店「前田珈琲」がプロデュースする「NIWA café」と、本格的な洋食を食べられる「グリル」というレストランがあります。

国立京都国際会館を見学するには

京都国際会館では、ラウンジをテレワーク・学習などのワーキングスペースとして利用できる「ワーケーションの日」が設けられています(予約不要)。

※NIWA cafeでドリンクなどを購入する必要あり

会場やホールは見学できませんが貴重な機会には変わりないので、公式サイトをチェックして足を運んでみてはいかがでしょうか。

施設見学できる「特別見学会」の開催日はICC Kyoto Newsに掲載の★★ICC Kyotoカレンダー★★にてご確認頂けます。

国立京都国際会館・施設情報

【最寄駅】地下鉄烏丸線「国際会館駅」より徒歩5分
【住所】京都市左京区岩倉大鷺町422番地
【公式サイト】https://www.icckyoto.or.jp/


フォトブック「喫茶店の旅」

喫茶のすたるじあの記事から厳選したフォトブックを作成しました。

全面的に書き直したページもあるのでブログをご覧いただいている方にもおすすめです。

フォトブック「喫茶店の旅」通販のお知らせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です