おでかけ

【橋本遊郭】旧第二友栄楼が中国茶カフェ「美香茶楼」としてオープン

旧第二友栄楼・一階全景

旧橋本遊郭に現存する元遊廓建築を使った旅館「橋本の香」。

2021年12月、橋本の香と同じオーナーが所有する「旧第二友栄楼」が中国茶カフェ「美香茶楼」としてオープンしました。

当記事では改修途中の「旧第二友栄楼」と、生まれ変わった「美香(メイシャン)茶楼」を紹介しています。

スポンサーリンク

茶楼に改修途中の遊郭建築「旧第二友栄楼」を見学

旧第二友栄楼・外観斜め「橋本の香」の3軒隣が旧第二友栄楼

旧第二友栄楼があるのは、かつてのメインストリートだった目抜き通り。

 

旧第二友栄楼・外観正面緑のタイルと格子窓、欄間の透かし彫りが目を引く

 

旧第二友栄楼・入り口の色ガラス玄関扉には妖艶な色ガラスが使われている

 

旧第二友栄楼・玄関ホール

旧第二友栄楼・一階扉を開けた光景扉を開けて、目に入ってきたのはこの光景。
床と玄関周りの色鮮やかなタイルに目を奪われました。

 

旧第二友栄楼・一階玄関周り玄関の上がり框(かまち)は二段式
旧第二友栄楼・一階床タイル十字架のように見える床のタイル

 

旧第二友栄楼・かつての陰見せ
旧第二友栄楼・陰見せもともと陰見世(遊女が並ぶ場所)だったスペース

 

玄関を開けて右手は陰見世。茶楼としてオープンする際はカウンターを設置し、中国茶の専門家がお茶の相談に乗ってくれるそう。

 

旧第二友栄楼・玄関ホールと神棚マジョリカタイルと神棚が混在する空間
旧第二友栄楼・一階全景 旧第二友栄楼・一階階段前
旧第二友栄楼・赤壁階段前の赤い壁の下部にもタイルが貼られていた

旧第二友栄楼・一階和室

旧第二友栄楼・一階中庭 旧第二友栄楼・一階の吹き抜け

一階の中央部分は中庭。
見学当日は雨が降っており、吹き抜けから降り注ぐ雨が植物を濡らしていました。

以前の持ち主の荷物が残っている一番奥の部屋へ。

旧第二友栄楼・一階奥の部屋
旧第二友栄楼・本棚残された本を見て、元の持ち主を想像してみる……

 

旧第二友栄楼・バルコニーからの景色

バルコニーからは書籍「遊廓に泊まる」にも掲載されている多津美旅館が見えました。

旧第二友栄楼・二階

旧第二友栄楼・階段勾配の急な階段

 

旧第二友栄楼・階段途中

階段を上って2階へ。

 

旧第二友栄楼・二階
旧第二友栄楼・小部屋雨漏りや傷みの激しい2階は改修途中

旧第二友栄楼・二階廊下と階段廊下を挟んだ複数の小部屋が客室になる予定。

スポンサーリンク

2021年12月、中国茶カフェ「美香茶楼」がオープン

2022年3月。クラウドファンディングのリターン品で貰った喫茶券を使って、お茶と見学をして来ました。

 

美香茶楼・一階席
美香茶楼・一階座敷席陰見世だった場所が客席として生まれ変わった

 

美香茶楼・エジプトの間エジプトの間
美香茶楼・中国の間中国の間

 

オープンしたものの、二階は改装途中。
中国風の客室とインド風の客室を見学し、茶楼を後にしました。

 

美香茶楼メニューメニュー

開いていないこともあるので、必ず電話予約の上お出かけください。

Googleマップに気になる口コミがありました。オーナーは満州出身の中国人女性なので、電話だとぶっきらぼうに聞こえるかもしれません。知らずに電話すると戸惑うと思いますが、優しい方です。ご承知おきください。

美香茶楼(旧第二友栄楼)・店舗情報

【最寄駅】京阪本線橋本駅より徒歩2分
【住所】京都府八幡市橋本中ノ町22
【電話番号】090-8375-8761
※ご利用の際はお電話でご予約の上、「旅館橋本の香」(旧第二友栄楼の3軒隣)までお越しください



▲旧第二友栄楼が紹介されています▲

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。