おでかけ

【京都・五条楽園】元遊郭の旅館「宿や平岩」に女性一人で宿泊

宿や平岩の外観
スポンサーリンク

宿や平岩はレンタルオフィスに生まれ変わりました

こんにちは、建築も好きなコトリス(@Kotori_fresh)です。

昨年の誕生日は長年の憧れだった近代建築「長楽館」に宿泊する夢が叶いました。

今年は予算の都合上、京都市下京区の遊廓跡「五条楽園」にある元遊郭のたてものを使った旅館「宿や平岩」に宿泊。

シーズン外だったからか、一人3000円で宿泊することができました。

今回は泊まれる遊郭の「宿や平岩」をご案内します。

2019年現在の五条楽園(七条新地)

五条楽園の写真は20195月と9月に撮影しました

京阪清水五条駅から徒歩5分ほどの「五条楽園」はかつて、京都最大の色街「七条新地」だったエリア。

木造建築がひっそりと軒を連ねています。

 

五条楽園京都の色街といえば「島原」が有名ですが、規模(遊女の数)においては「五条楽園」(七条新地)が最大。

また、新選組の隊士が通う高級花街だった島原と違い五条楽園(七条新地)は一般庶民を相手にした花街でした。

三友楼旅館のような建物は五条楽園最大のお茶屋だった「本家三友」。
今回宿泊する宿や平岩と同じ棟梁が建てたそうです。

 

五条会館芸妓たちが歌や舞を披露する舞台だった五条会館。

 

五条楽園のステンドグラス五条楽園の東側は清水寺などの名所が集まったエリアで、北側は四条や祇園などの繁華街があるため、観光客が宿泊するには便利な場所。

そのため、近年かつてのお茶屋はゲストハウスやおしゃれなショップなどに生まれ変わっています。

 

サウナの梅湯の外観高瀬川沿いにある銭湯、「サウナの梅湯」。

 

五条楽園のカフェー建築1 五条楽園のカフェー建築 五条楽園のカフェー建築 五条楽園のカフェー建築ステンドグラス

昔ながらのお茶屋建築のほか、カフェー調の建物も残されています。

下調べをしたわけではないのに、ぶらぶらと歩いただけでそれっぽい建物が多く見つかりました。

スポンサーリンク

女性一人でも気軽に泊まれる元遊郭の旅館「宿や平岩」をご案内

宿や平岩の外観宿や平岩の入り口 宿や平岩・外観正面

こちらがかつての遊郭「平岩楼」だった「宿や平岩」。

 

宿や平岩の玄関昭和33年開業。

外観は遊郭として営業していた当時の姿を留めていますが、2016年に内装を改装しているため内部は普通の旅館です。

5月16日が私の誕生日。
公式サイトから宿泊の予約をしたのは約1週間前のこと。

外国人観光客に人気の宿だと知っていたので直前すぎて取れるのかなと思っていたんですが、一人だったからかあっさりと部屋を確保してもらえました。

 

階段から見たフロント夕方にチェックインすると迎えてくれたのは大学生くらいに見える3代目当主。

1泊3000円だから接客には期待してなかったんですが、普通のホテルよりよっぽど丁寧に施設の説明をしてくださいました。

 

宿や平岩の1階廊下なんの変哲もない1階廊下。

 

宿や平岩・階段

2階への階段。

 

宿や平岩・窓ガラス

今となっては貴重な模様の入ったガラス。

 

宿や平岩の2階廊下宿や平岩の丸窓2階廊下の先にある丸窓は往時の意匠です。

遊廓は門外漢な私。
普通の旅館にしか見えないので、予備知識がなければ遊郭だと気づかなかったかもしれません。

 

宿や平岩・シャワー室

宿や平岩・洗面台シャワー室や洗面台は他の宿泊者の方と共用ですが、綺麗に保たれていました。

宿や平岩の一人部屋“清水”に宿泊

宿や平岩の一人部屋部屋名はそれぞれ京都の地名になっています。

私が通されたのは4.5畳の“清水”
お茶セットが用意されているなど、お値段以上のおもてなし。

 

窓から見る五条モール窓からは隣にある「五条モール」が一望。

五条モールもかつてのお茶屋ですが、今は個性的な店舗が入る複合施設として使われています。

スポンサーリンク

「宿や平岩」は現在レンタルオフィスとして使われています

2021年8月現在、「宿や平岩」は旅館としての役割を終え、レンタルオフィスとして機能しています。

京都市内で元遊郭を使った旅館に宿泊したい方は、「橋本の香」の記事をご覧ください。

フォトブック「喫茶店の旅」

喫茶のすたるじあの記事から厳選したフォトブックを作成しました。

全面的に書き直したページもあるのでブログをご覧いただいている方にもおすすめです。

フォトブック「喫茶店の旅」通販のお知らせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です