おでかけ

【京都・きんせ旅館】花街の元揚屋カフェはステンドグラスの楽園

島原・きんせ旅館の内装全景

京都最古の花街「島原」に元揚屋を使ったカフェがあることをご存知でしょうか。

今回は近代建築が好きな方におすすめしたいカフェをご紹介します。

スポンサーリンク

島原にある元揚屋「きんせ旅館」はカフェ&バーとして営業中

島原・きんせ旅館の外観

時代劇に登場しそうな情緒を感じる木造2階建ての建物。こちらが、島原を見学した際にぜひ寄って欲しい「きんせ旅館」です。

1日1組限定で宿泊できる旅館なんですが、1階はカフェ&バーとして営業中。

きんせ旅館もかつては揚屋として使われていたんですよ。

揚屋や島原についてはこちらをご覧ください。

 

島原・きんせ旅館の玄関ホール 島原・きんせ旅館の欄間ステンドグラス きんせ旅館・エントランスのタイル

格子戸を開けると迎えてくれたのは、美しいタイルが貼られたエントランスと欄間のステンドグラス。

 

きんせ旅館・泰山タイルエントランスの泰山タイル

 

島原・きんせ旅館の床タイル玄関ホールの床タイル

ほれぼれしながらしばらくこの場所に佇んでいました。

スポンサーリンク

ステンドグラスがふんだんに使われた妖艶な空間

島原・きんせ旅館の内装の雰囲気 島原・きんせ旅館の内装全景

カフェへと続くドアを開けると妖艶な光が灯る大広間が現れました。
和風然とした外観の内部にこんな西洋風の空間が待っているとは……。

 

島原・きんせ旅館の店内 島原・きんせ旅館の客席

建物自体は築250年ほどですが、内装は大正後期から昭和初期にかけて洋風に改装されています。

 

島原・きんせ旅館の天井

かつてダンスホールとして使われていた折り上げ天井の大広間では、不定期でライブやイベントが開催されています。

ここでアルコールを口にしたら至福の時間を過ごせるでしょう。

 

きんせ旅館・花のステンドグラス 島原・きんせ旅館のステンドグラス

きんせ旅館はいつでも利用可能。
京都駅からわずか一駅の「丹波口駅」が最寄りですので、ぜひ足を伸ばしてくださいね。

きんせ旅館(カフェ&バー)・店舗情報

【最寄駅】JR丹波口駅より徒歩5分、または市バス207番・206番「島原口」停留所下車 花屋町通を西にまっすぐ(徒歩10分)
【住所】京都市下京区西新屋敷太夫町79
【営業時間】15時~22時
【定休日】火(公式ツイッターにて要確認)
【公式ツイッター】https://twitter.com/kinseryokan

\新幹線での京都旅行は日本旅行の「新幹線+宿泊」セットプランがお得です/

フォトブック「喫茶店の旅」

喫茶のすたるじあの記事から厳選したフォトブックを作成しました。

全面的に書き直したページもあるのでブログをご覧いただいている方にもおすすめです。

フォトブック「喫茶店の旅」通販のお知らせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です