大阪

【西淀川区姫島・アスナロ】創業半世紀以上の元大衆喫茶でモーニング

喫茶アスナロのビル全景

なかなか更新できない大阪市24区の喫茶店めぐり。
暑くて外出できなくなる前に、川に挟まれた大阪市西淀川区を散策しながら喫茶店を探して来ました。

大阪市淀川区

西淀川区は大阪市の左上。

喫茶店の多い兵庫県尼崎市と隣接しているため、「創業年月の古い喫茶店が残っているに違いない」と訪れる前から期待に胸が膨らみます。

阪神姫島駅よりすぐ。創業半世紀以上の喫茶アスナロ

降りたのは、阪神電車本線の姫島駅。

「御幣島(みてじま)」もそうですが、西淀川区の駅名や町名は島がつく名前が多いのです。

喫茶アスナロの外観姫島駅の高架下にできた阪急オアシスの斜め向かいに、早速喫茶店を発見。

 

喫茶アスナロのビル全景喫茶店が入るビルの全体が渋かったことと、神戸の老舗珈琲焙煎会社「萩原珈琲」の看板を掲げていることから、創業年がかなり古いのでは?と想像し、入店しました。

 

喫茶アスナロの店内 喫茶アスナロの店内 喫茶アスナロの椅子

かなりの歳月が経過していそうな店内。

迎えてくれたのはジーパンに腰からチェーンスタイルのちょい悪風マスター(いい声)。
飾られたカントリーテイストの雑貨は奥様の趣味だそう。

大衆喫茶として開店した喫茶アスナロ

喫茶アスナロの店内

喫茶アスナロは現店主であるマスターのお父様が大衆喫茶として半世紀以上前に創業しました。

大衆喫茶は安価にコーヒーを提供するドトールなどのチェーン店の原型。
気軽に人が集まる場として人気を博した。

大衆喫茶といえば元祖大衆喫茶のホワイト(神戸新開地発祥)と、大阪市福島区に残る玉一総本店。

玉一総本店店内
【福島区・玉一総本店】大正14年創業!大阪で三番目に古い老舗喫茶店創業は大正14年。大阪の古い喫茶店の三本柱である玉一総本店をご紹介。モーニング情報も掲載しています。...

大衆喫茶が阪神間を席巻したという情報を「神戸とコーヒー」で読んだことがありますが、アスナロもそのうちの一店だったんだろうなぁと創業時の姿を思い浮かべていました。

店内を何度か改装する中で大衆喫茶から純喫茶へと雰囲気が変わっていったという話を伺いましたが、続々と常連さんが集まる様子は大衆喫茶の面影がありました。

西淀川区にはまだまだ古い喫茶店が残っていそうです。

喫茶アスナロのメニューとモーニング

喫茶アスナロのメニュー

喫茶アスナロのモーニングモーニングは11時まで。

コーヒーは萩原珈琲を使っているだけあって、香りとまろやかな苦味が抜群です。

「喫茶店で使う焙煎豆は1週間で使う分量しか卸さない」という萩原珈琲のこだわりをアスナロで実感しました。

喫茶アスナロ・店舗情報

【最寄駅】阪神姫島駅よりすぐ
【住所】大阪市西淀川区姫里1丁目26-14
【営業時間】6時〜17時
【定休日】火

もみの木店内
【十三・もみの木】大阪万博(EXPO'70)を追体験できるバロック喫茶阪急十三駅より徒歩5分のバロック喫茶もみの木。1970年の大阪万博でブリティシュ・コロンビア館を建てる際に使われたもみの木を使ったカウンターテーブルがあります。...
なにわ店内
【十三・喫茶なにわ】二階から眺める阪急十三駅改札とマッチ阪急十三駅西口を見守ってきた喫茶なにわは2017年5月に閉店。取り壊される前の貴重な店内写真をたっぷり載せています。...
喫茶ダイヤモンド外観
2016年閉店の淡路駅前・喫茶ダイヤモンドと「マッチの喫茶展」「マッチの喫茶展 in OSAKA」の宣伝と、2016年10月31日に閉店した大阪市東淀川区の喫茶店「ダイヤモンド」について。店内の写真をたっぷり載せています。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です