喫茶店案内

【尾道・喫茶キツネ雨】給仕は狐?現代に蘇る大正ロマンのカフェー

キツネ雨・看板

洋酒喫茶ロダンで貝の造形美に魅せられた翌朝は、早起きして「喫茶キツネ雨」へ。

ロダンも喫茶キツネ雨も緊急事態宣言の影響で長らく休業していたものの、尾道旅行の直前に営業が再開されたので行くことができました。

スポンサーリンク

大正ロマンの雰囲気を感じられる、レトロで新しい喫茶店「キツネ雨」

キツネ雨・外観 キツネ雨・看板

喫茶キツネ雨があるのは、JR尾道駅より徒歩約20分の歓楽街「新開」(シンガイ)。
間口の狭い飲み屋がひしめくエリアにひっそりと佇んでいます。

 

キツネ雨・化かし中化かし中=営業中。人間に化けたキツネが給仕してくれます

 

キツネ雨・内装入口より
キツネ雨・内装大正ロマンを体感できる店内

コンセプトは「西洋文化に憧れを抱いた時代をイメージした、どこか懐かしい喫茶店」。

閉業したコロンビアという喫茶店(外に看板が残っています)を改装して、2018年にオープンしました。

西洋文化の広がりとともに、モダンな風俗が生まれた1920年代(大正時代)。

「流行に敏感なモダ・モガたちは芝居やキネマのあとに、カフェーに集った」と本で読んだことがありますが、そのカフェーが現代にタイムトリップして現れたらキツネ雨のようになるんだろうなぁと空想を膨らませていました。

さすが「時をかける少女」のロケ地で大林宣彦監督が生まれ育った尾道の喫茶店です。

 

キツネ雨・真ん中のテーブル
キツネ雨・シャンデリアひときわ目を引くシャンデリア
キツネ雨・ステンドグラスと客席
キツネ雨・ステンドグラスアップハイカラなステンドグラス

 

きらびやかなシャンデリア、赤いソファ、クラシカルな花柄の衝立、古いミシン台を再利用したおひとりさま席など、オーナーのセンスが光る内装にうっとり……。

インパクトのあるステンドグラスや柱は、もともとの喫茶店にあったものを再利用したと他のブログ記事に書かれていました。

 

キツネ雨・店内
キツネ雨・お一人様席お一人様席

 

使い込まれるうちにどんどんセピア色になって、文化財のような空間になっていくんだろうなぁと数十年後の姿を空想します。

 

キツネ雨・シャンデリア キツネ雨・シャンデリア

「キツネ雨」という店名の通り、キツネたちがいたるところに飾られていました。

スポンサーリンク

ふかふか厚切りフレンチトーストを注文

キツネ雨・フレンチトーストとコーヒー3色のクリームソーダ、白狐チーズケーキ、ホットケーキ、期間限定のパフェなど気になるメニューはたくさんありますが、訪問したのが朝一だったのでモーニングの代わりにフレンチトーストとオリジナルブレンド珈琲を注文しました。

 

キツネ雨・フレンチトーストアップその日に焼けた食パンだけを使い、じっくり漬け込んだフレンチトースト。メープルシロップをたっぷりかけて召し上がれ

 

しっとりふわふわ仕上げで口の中でとろけました。
やみつきになる美味しさ。

深煎りのキツネ雨ブレンド珈琲と一緒にいただくのがおすすめです。

まとめ

大正ロマンをコンセプトにした喫茶店は他にもありますが、世界観の作り込み方に感動を覚えました。

喫茶店の雰囲気を守るためお急ぎの方、小学生未満の方、騒がしい方の入店はNG。
静かに過ごしたいお一人様向きの喫茶店です。

尾道旅行の途中に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

喫茶キツネ雨・店舗情報

【最寄駅】JR尾道駅より徒歩約20分
【住所】広島県尾道市久保2丁目11-17
【営業時間】午前の部 9:00〜11:00(ラストオーダー10:00)、午後の部 12:00〜18:00(ラストオーダー17:00)
【定休日】火・水・木
【公式サイト】https://cafe-kitsuneame.jimdofree.com/
※全席禁煙

宿泊はキツネ雨や洋酒喫茶ロダンからすぐの「天然温泉 尾道みなと館」がおすすめです。

フォトブック「喫茶店の旅」

喫茶のすたるじあの記事から厳選したフォトブックを作成しました。

全面的に書き直したページもあるのでブログをご覧いただいている方にもおすすめです。

フォトブック「喫茶店の旅」通販のお知らせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です