北陸・中部・関東

【上野・古城】駅から徒歩2分!ゴージャスな地下宮殿喫茶でモーニング

喫茶古城の煌びやかな内装

こんにちは、喫茶店愛好家のコトリス(@Kotori_fresh)です。

昨年の4月。青春を照らしてくれたバンドの再結成ライブを見るために、久々に上京しました。

随分前に上京することが決まっていたのに新幹線とホテルのプランを予約するのが遅かったため、翌日の昼に帰阪する新幹線しか取れませんでした。

短い滞在時間に巡った喫茶店は3軒のみ。そのうちのひとつが、宿泊した上野のホテル近くにあった「喫茶古城」です。

当記事では喫茶古城のゴージャス空間とモーニングをご案内しています。

スポンサーリンク

上野駅から喫茶古城への行き方

東京メトロ日比谷線上野駅1番口から、上野警察署方面に進み徒歩約2分。

喫茶古城の外観 喫茶古城のアプローチ

横浜のゴージャス喫茶「コーヒーの大学院」の入り口も騎士によって守られていましたが、関東には城系喫茶が多いんでしょうか。

 

喫茶古城のゴージャスな店内

階段を降りると、そこは秘密の地下宮殿……。

 

喫茶古城のステンドグラス全景 喫茶古城のステンドグラスアップ

細長い店内を奥へと進むと、壁一面の巨大なステンドグラスがまばゆい光を放って私を迎えてくれました。

ステンドグラスは世界遺産・エルミタージュ美術館の大使の階段をイメージしたもの。

世界三大美術館であるエルミタージュ美術館の雰囲気を常時味わえるのは、古城だけでしょう。

美術館。宮殿。城。古城は3つの顔を併せ持っています。

スポンサーリンク

喫茶古城のモーニングは600円

喫茶古城のモーニング

この空間を独り占めしていただくモーニング(600円)は最高でした。

広々とした空間なのでお一人様でも気兼ねなく利用できます。

上野・喫茶古城の歴史

創業は東京オリンピック開催の前年にあたる昭和38(1963)年なので、歴史は半世紀以上。

重厚かつ華やかな内装が敬遠された時代があり一部変更されていますが、往時の雰囲気は存分に伝わりますよね。

 

喫茶古城の煌びやかな内装 喫茶古城の内装
古城の床マツコの知らない世界「美しい床の世界」に登場した古城の床

 

大理石の壁、柱や床にいたるまで随所に職人技が施され、喫茶遺産と呼びたくなる豪華絢爛な内装に拍車をかけています。

古城のオーナーは柔和なマダム。
実のお姉さまと姉妹で店を切り盛りしています。

スポンサーリンク

古城はドラマのロケでもよく使われている

ドラマ「特命課長 只野仁」や「特上カバチ」などロケで使われたこともあり、聖地巡礼で遠方から来るお客さんもいるそうです。

臨時休業や掲載、撮影情報は古城のTwitter公式アカウントで発信しているので、ぜひフォローしてくださいね。

同じく上野にある「王城」も訪問

王城の店内 王城のクリームソーダ

近くには同じく城系喫茶の「王城」という喫茶店があり、城のハシゴを。

すでに伝説になってしまった喫茶店も含め40店以上を紹介する塩沢 慎著の「東京ノスタルジック喫茶店」の中で、オーナーによって古城の歩みが語られています。
昭和を懐かしみたい方はご一読ください。

喫茶 古城・店舗情報

【最寄駅】東京メトロ日比谷線上野駅1番口より徒歩2分
【住所】東京都台東区東上野3丁目39-10 光和ビル
【営業時間】9時~20時
【定休日】日・祝
【公式Twitter】https://twitter.com/kojyo_kyoko

フォトブック「喫茶店の旅」

喫茶のすたるじあの記事から厳選したフォトブックを作成しました。

全面的に書き直したページもあるのでブログをご覧いただいている方にもおすすめです。

フォトブック「喫茶店の旅」通販のお知らせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です