大阪

【太陽堂】喫茶店が多い「鶴見橋筋商店街」の大正時代から続くパン屋

太陽堂の外観

大阪メトロ花園町駅と南海汐見橋線の津守駅の間に、東西約1キロの鶴見橋筋商店街という生活感にあふれた商店街があります。

商店街は東から順に1番街、2番街と続き、西端が8番街。
さらに高速道路を越えると津守商店街という別の商店街につながります。

鶴見橋筋商店街の中に珈琲専門店MUCがあるので、MUC目当てに久々に鶴見橋筋商店街を歩いたんですが、先に入ったパン屋でお腹いっぱいパンを食べてしまい「MUCさんぽ」は延期することに……。

今回は西成で一番古い(かもしれない)パン屋、「太陽堂フレッシュベーカリー」と併設の喫茶店「珈琲サン」をご紹介します。

大阪で二番目に長い鶴見橋筋商店街には喫茶店がたくさん

鶴見橋商店街入り口

大阪で一番長い商店街は北区にある天神橋筋商店街ですが、二番目に長い商店街が西成区の鶴見橋筋商店街。

昔ながらの粉もん屋、洋菓子店、帽子専門店、メガネ店などフォトジェニックな店構えの個人商店が点在しているんですが、声を大きくしてお伝えしたいのは喫茶店の宝庫だということ。

 

MUC鶴見橋店寄るはずだったMUC鶴見橋店

 

数えながら歩くと東西約1キロの間に喫茶店が8店もありました。お腹が丈夫な喫茶店好きの方は全店制覇にチャレンジしてみては……?

数年前までは貴重な「喫茶玉一」グループのひとつも残っていました。

 

鶴見橋商店街7番街

花園町駅に近い1番街、2番街あたりは多くの買い物客で賑わっているんですが、進むにつれて閑散としています。

 

太陽堂の外観

予定通りMUCに行こうかなと考えはじめたときに、7番街で「西成で一番古いパン屋かもしれない」と書かれたパン屋さんを見つけました。

 

太陽堂のキャラクターキャラクターがかわいい

 

太陽堂と珈琲サンの外観
隣には「珈琲サン」という喫茶店が。店名からして姉妹店かな?

スポンサーリンク

西成で一番古いパン屋かもしれない太陽堂フレッシュベーカリー

太陽堂の店内太陽堂の店内

古いってどれくらい古いんだろう?と気になって入店してみました。

 

太陽堂のパントレー

60・70年代っぽいミッドセンチュリーな店内とパントレー。
お隣の「珈琲サン」とは店内で通り抜けできました。

ご主人に「西成で一番古いかもと書いていましたが、創業どれくらいなんですか?」と聞くと、なんと大正時代から続いているそうです。
(もし太陽堂さんより、古いパン屋さんがあれば教えてください!)

 

太陽堂のショーケースの中のパン

素朴で安価なパンばかりでどれにしようか迷っていたら、「さらに安くなってるパンあるで〜」と奉仕品を薦められ、ミニ焼きそばドッグ(50円)とボックスサンドイッチ(150円)の合計200円を購入。安い!

パンを買えばドリンク注文なしで「珈琲サン」でイートインできるそうです。
太っ腹すぎてびっくり。

太陽堂フレッシュベーカリーの併設店、珈琲サン

 

イートインしたパン
お言葉に甘えてお隣の「珈琲サン」でイートイン。水も出してくれます。

持ち込み可でも「ドリンクは注文してね」という店が多い中、イートインだけさせてくれるなんて気前が良すぎ。
パンももちろん美味しかったです。

 

珈琲サンの店内珈琲サンの店内

夜はカラオケ喫茶として営業している珈琲サン。
「80才位まで」というホステス募集の張り紙をみて、本当に懐が深いなぁと感心しました。

太陽堂フレッシュベーカリー・店舗情報

【最寄駅】大阪メトロ四つ橋線「花園町駅」より徒歩10分
【住所】大阪市西成区鶴見橋3-6-14
【営業時間】6時半~21時
【定休日】月

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です