喫茶店案内

【本町・平岡珈琲店】創業100年。大阪最古の喫茶店でドーナツを持ち帰り

平岡珈琲店・外観

サワダ珈琲館でストロングコーヒーを飲んだあとは、同じく「濃いコーヒー」の系譜店としても知られる平岡珈琲店へ。

2021年に創業100年を迎えた、大阪では現役最古参の喫茶店です。

スポンサーリンク

喫茶店の基礎を作ったカフェー・パウリスタ

平岡珈琲店の話に入る前に、大阪の喫茶店の歴史から。

大阪の喫茶店の草分けは1911年(明治44年)6月、箕面(みのお)市にオープンした「カフェー・パウリスタ」だと言われています。

日本人にコーヒーの味を広めた水野龍の「カフェー・パウリスタ」は今でいう喫茶店チェーンの走り。

誰もが気軽に入れるように当初のメニューはコーヒーが五銭、ドーナツも五銭。現在の喫茶店と同じく庶民の憩いの場所でした。

1911年(明治44年)12月、「カフェー・パウリスタ」は、東京と横浜にもオープン。

大正2年以降には全国各地や上海に店を出し、最盛期には20店を超える店舗があったと伝えられています。

 

スポンサーリンク

カフェーパウリスタに影響を受けた、大阪現役最古の平岡珈琲店

平岡珈琲店・外観オフィス街にはためく、のれん

 

平岡珈琲店・テイクアウトメニューテイクアウトにも対応している

 

現存する大阪の喫茶店としては最古参の平岡珈琲店。
創業は大正10年(1921年)。2021年に創業100年を迎えました。

なぜカフェー・パウリスタの話からはじめかというと、平岡珈琲店の創業者・小川忠次郎氏(現マスターの祖父)はカフェー・パウリスタのコーヒーとドーナツに影響を受けており、パウリスタのドーナツを参考に改良した自家製ドーナツが名物メニューだから。

平岡珈琲店はトーストなど軽食メニューはなく、食べられるのはドーナツのみという潔い喫茶店です。

 

平岡珈琲店・店内の雰囲気
平岡珈琲店・ギャラリーとしても利用される店内壁面はギャラリーとして使われている

 

御堂筋の拡張工事やビルの建て替えなどで近場を転々としているため、店内に創業当時の面影はありません。

老舗喫茶店と聞くと身構えてしまう方もいるかとおもいますが、一見さんはもちろん喫茶店めぐりをはじめたばかりの方でも入りやすい店です。

 

平岡珈琲店・カウンター

創業以来変わらず、鍋で煮出して天竺木綿で濾して淹れる“ボイリング”方式で提供されるコーヒー。

現在ボイリングでコーヒーを出す店はほとんどありませんが、1930年代までは一般的な方法でした。

 

平岡珈琲店・店内で飲むコーヒー飲みやすい深煎りのコーヒー。ドーナツとのセットは600円なので一緒に頼むとお得です

 

自家製ドーナツとコーヒーは持ち帰りも通販も可能

平岡珈琲店・百年珈琲ドリップパッグとドーナツお土産に買った百年珈琲ドリップバッグとドーナツ

 

平岡珈琲店・百年珈琲とドーナツ卵、砂糖、小麦粉のみで作るシンプルなドーナツはカフェ・パウリスタの店主からレシピを受け継いでいる

 

ドーナツとオリジナルブレンド「百年珈琲ドリップバッグ」はECサイトでも購入できます。

テレビ大阪の「片っ端から喫茶店」第1回目に放送されたのが、平岡珈琲店でした。

Youtubeで“ボイリング”や3代目マスターのインタビューが見られます。

コーヒーがお好きな方には、わざわざ訪ねてみる価値のある喫茶店だと思います。

平岡珈琲店・店舗情報

【最寄駅】大阪メトロ淀屋橋駅または本町駅より徒歩5分
【住所】大阪市中央区瓦町3丁目6-11
【営業時間】10時~18時
【定休日】火
【公式サイト】https://www.cafe-hiraoka.jp/
※完全禁煙

【参考文献】

丸福珈琲店のホットケーキ
【丸福珈琲店千日前本店】小林カツ代が愛したコーヒーとホットケーキ大阪を代表する喫茶店、丸福珈琲店。特にインテリアが素敵な千日前本店の店内に加え、名物の濃いコーヒーとホットケーキを紹介しています。 ...
チケ店内
【阿倍野・チケ】レコードでタンゴの名曲が聴けるコーヒー専門店1959年創業。大阪市阿倍野区にあるタンゴ喫茶「チケ」の歴史を写真を交えながら紹介しています。...
フォトブック「喫茶店の旅」

喫茶のすたるじあの記事から厳選したフォトブックを作成しました。

全面的に書き直したページもあるのでブログをご覧いただいている方にもおすすめです。

フォトブック「喫茶店の旅」通販のお知らせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です