北陸・中部・関東

【燕市・ロンドン】創業半世紀超の昭和遺産でプリン・ア・ラ・モード

純喫茶ロンドン・外観

新潟旅行2日目は長岡市の「ミチル」、三条市の「純喫茶ゆり」に続き、燕(つばめ)市の表玄関でもある燕駅からほど近い「純喫茶ロンドン」に足を運びました。

スポンサーリンク

燕市のロンドンはムード満点の純喫茶

純喫茶ロンドン・外観純喫茶ロンドン・外観

燕駅から南に徒歩3分。
商店街の角地に目立つ外観の喫茶店を発見。

 

純喫茶ロンドン・店頭 純喫茶ロンドン・入口

メニューサンプルが置かれたショーケース、店内が見えない黒いドア。
「昭和遺産」のムード溢れる店頭に、期待が高まります。

 

純喫茶ロンドン・内装
純喫茶ロンドン・内装内装は昭和42年創業当時のまま

 

到着時間は書き入れ時であろう、12時半。
地元のお客さんで埋まっているんだろうなと思いきや、サラリーマン2人組のみ。先客が店を出るタイミングを待って、じっくりと店内を見学させてもらいました。

 

純喫茶ロンドン・ゲームテーブルのある店内ゲームテーブルは現役

 

純喫茶ロンドン・薄暗い店内 純喫茶ロンドン・レジ周り

マスターのお母様が集めた絵画、色あせた美女のポスター、ライトパープルの室内照明、現役のテーブルゲーム機……。昭和のまま時間が止まっています。

 

純喫茶ロンドン・ポスターコーヒーと美女のポスター
純喫茶ロンドン・薄暗い店内薄暗い店内は考え事をするのにぴったり

 

純喫茶ロンドンは2022年現在、創業55年。
創業者であるマスターが調理を担当し、腰の低いママさんは接客担当。
昭和レトロブームが追い風になり、若者客の来店が増えたそうですよ。

昭和生まれの私にとっては懐かしさを感じる内装ですが、若い世代の方には「エモさ」があって新鮮なんでしょうね。

スポンサーリンク

特製プリン・ア・ラ・モードを堪能

純喫茶ロンドン・プリンアラモードクリームの盛り付けが素敵な特製プリン・ア・ラ・モード(800円)

 

ビジュアルは甘そうに見えるんですが、手作りプリンも生クリームも甘さ控えめ。たっぷり乗った季節のフルーツが味のメインでした。

メニュー(一部)

純喫茶ロンドン・メニュー
ナポリタンなどのザ・喫茶店メニューはもちろん、パフェ・サンデーなどのスイーツメニューも数種類、アルコールメニューまでありました。

スポンサーリンク

おまけ

新潟のローカルウェブマガジンでマスターのインタビューがご覧いただけます。

純喫茶ロンドン・店舗情報

【最寄駅】JR弥彦線燕駅より徒歩3分
【住所】新潟県燕市穀町3-1-1
【営業時間】11時半~24時
【定休日】不定休
【駐車場】なし(商店街に駐車可)

フォトブック「喫茶店の旅」

喫茶のすたるじあの記事から厳選したフォトブック「喫茶店の旅 私なりの47都道府県の純喫茶」を作成しました。

全面的に書き直したページもあるのでブログをご覧いただいている方にもおすすめです。

フォトブック「喫茶店の旅」通販のお知らせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。