おすすめ紹介

【天の川・星づく夜】美しすぎる和菓子は8月まで販売!【お取り寄せ可】

星づく夜

蒸し暑い時期の楽しみといえば、京都の琥珀菓子を食べること。

2018年の旧暦の七夕は8月17日。

今回は願い事を叶えてくれそうなインスタ映えする七夕の和菓子を2種類(+α)を紹介します。

京菓匠「七條甘春堂」の「天の川」

天の川・パッケージ

一つ目は慶応元年(1865年)から七代続く京菓子店「七條甘春堂」の季菓「天の川」。

 

天の川・全体写真

濃い青のパッケージを開けると、夜空を映したような瑠璃色の京菓子が現れます。

「天の川」のキラキラした部分はみずみずしい琥珀糖、すりガラスのように見える部分は味甚羹(みじんかん)、下部は小倉羹(おぐらかん)の三層でできています。

 

天の川・切ったところ

食感も味も異なる3種ですが上品にまとまっていて、想像よりもあっさりとして食べやすいです。

京都・三十三間堂前にある本店、支店はもちろん京阪神の主要百貨店でも買えます。
店頭での販売期間は8月13日頃までので、百貨店の銘菓コーナーを覗いてみてはいかがでしょうか。

2019520日現在は販売期間外なので店頭でもネット販売でも手に入りません

7jyo-kansyundo.shop-pro.jp

 価格:税込972円 賞味期限:1か月 販売期間:8月13日頃まで

七條甘春堂(本店)・店舗情報

【最寄駅】JR京都駅より市バス206・208系統 約10分
【住所】京都市東山区七条通本町東入西の門町551
【電話】075-541-3771
【営業時間】9時~18時
【定休日】無休
【公式HP】http://www.7jyo-kansyundo.co.jp/


 

亀屋清永の「星づく夜」

亀屋清永・外観 星づく夜・パッケージ

二つ目は元和3年(1617年)の創業、京都・祇園の八坂神社前に本店がある「亀屋清永」の「星づく夜」。

これは小サイズで810円でした。他に中サイズとミニサイズもありますよ。

賞味期限は常温で20日です。

星づく夜・全体写真

箱を開けた瞬間に、祇園祭で見た京都の夏の夜空が鮮やかに蘇ってきます。

夜空に浮かぶ三日月と満点の星たちはまさに雅の技。

伝統を守りながら新しい和菓子を生み出す。
しなやかさも京菓子の魅力だと思います。

Tumblrに「星づく夜」の写真をupしたら海外の方に大人気で「soap?」というコメントが来たんですが、まぎれもなく和菓子です。

ツイッターに投稿したらRTが1万を超えて驚愕しました。

星づく夜・切ったところjpg

パッションフルーツとレモンが香る爽やかな味なので、冷蔵庫で冷やしてから食べるとより美味しくいただけますよ。

あまりにも綺麗だったので70歳を過ぎた親の誕生日にあげたらとても喜ばれ、京都のエッセンスがぐっと詰まった和菓子の底力を知りました。

世代を問わないプレゼントとして喜ばれること間違いなし。

期間限定商品なので、お早めにお求めくださいね。

2019年5月20日現在は販売期間外です

価格:小サイズ・税込810円 賞味期限:常温で20日 販売期間:8月頃まで

亀屋清永(本店)・店舗情報

【最寄駅】阪急河原町駅より徒歩10分
【住所】京都市東山区祇園町南側534
【電話】075-561-2181
【営業時間】8時半~17時
【定休日】水曜
【公式HP】http://www.kameyakiyonaga.co.jp/

若葉蔭
金魚が泳ぐとらやの和菓子「若葉蔭」は7月31日まで!【店舗限定】とらやで3週間しか販売されない金魚の生菓子「若葉蔭」を紹介しています。取扱店舗限定。...
京生菓子司 松彌の花火
【2018年夏】自分用の京都土産にインスタ映えする和菓子「花火」と「金魚」はいかが?祇園祭など夏の京都観光に行かれる際にぜひお土産にしてほしい「京生菓子司 松彌」の美しすぎる生菓子「花火」「金魚」を写真をたっぷり交えて紹介しています。...
大極殿本舗のレースかん
大極殿本舗「レースかん」は夏季限定のさわやかレモン味【取り寄せ不可】夏の贈り物の新定番になりそうな「大極殿本舗」の「レースかん」を写真を交えてレポートしています。あわせて大極殿本舗併設の甘味処「栖園」でのみ食べられる「琥珀流し」の紹介も。京都旅行を計画中の方は、ぜひ見てみてください!...