喫茶店案内

【山口・むくの木】趣味のいい骨董品コレクションが並ぶ渋喫茶店

むくの木・カウンター

山口旅行最終日は萩から山口市へ。

電車だと時間がかかってしまうのでバスでショートカットして、町歩きする時間を捻出。
3時間ほど山口駅周辺を散策しました。

スポンサーリンク

川沿いの喫茶店「むくの木」。マスターが集めた骨董品コレクションが圧巻

山口市内の中心を流れる一の坂川。

桜の名所で夏はゲンジボタルが舞う川沿いを北へ歩いていると、「むくの木」という喫茶店を発見。

 

むくの木・外観看板に「ANTIQUE ROOM」と書かれている。渋い佇まい

二階の窓から見える陶器(花瓶?酒瓶?)の数々、真ん中でほくそ笑む鬼の面……。

 

むくの木・扉

扉にかけられた「営業中」札。字体がファンシーなのは罠?と怯える。

 

むくの木・看板
「注文の多い料理店」を思い出してしまったけど、樽モチーフの看板に「珈琲屋」と書いてあるから多分大丈夫。
自分に言い聞かせて、扉を開けました。

 

むくの木・カウンターと店内 むくの木・ランプ むくの木・店内全体図

目に飛び込んできたのが無数に配置された振り子時計とランプ、美人画や浮世絵。
ガラクタじゃなくて、骨董品ひとつひとつの趣味が良い!

 

むくの木・カウンター気品のあるカウンター
むくの木・樽を利用した椅子カウンターチェアは樽型。マスターの自作かな?

 

むくの木・お一人様席

迎えてくれた白髪のマスターが好きな席にどうぞ、と仰ってくれたので入り口すぐの席へ。

 

むくの木・メニュー飲み物だけじゃなくて、食事メニューもあるのが良いね

 

 

むくの木・スパゲッティセットミートソースたっぷりのスパゲッティ

 

むくの木・コーヒー
サラダ・コーヒー付きのパスタセットをいただきました。地下水を使って淹れるコーヒーが美味しかった。

 

むくの木・振り子時計時計がたくさんあるのに時間はバラバラで、時間を忘れられる空間になっているのが面白い

 

 

むくの木・店内奥の席隠れ家っぽい奥の席

外から見えた二階にもマスターの骨董品コレクションが並んでいるそうですが、現在は工事中で見学できず。

代わりにあちこち見ていいよという言葉に甘えて、隅々まで見学させてもらいました。

記憶に残る喫茶店だったなぁ。

むくの木・店舗情報

【最寄駅】JR山口駅より徒歩約15分
【住所】山口県山口市後河原140
【営業時間】9時〜17時
【定休日】月

フォトブック「喫茶店の旅」

喫茶のすたるじあの記事から厳選したフォトブックを作成しました。

全面的に書き直したページもあるのでブログをご覧いただいている方にもおすすめです。

フォトブック「喫茶店の旅」通販のお知らせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です