喫茶店案内

【祇園四条・ラテン】南座裏にある京都随一のステンドグラス喫茶

喫茶ラテンの店内1

季節の変わり目の影響か、体調が悪い日が続いているので今回はバーチャル駅長用に書いた記事からの再掲です。

京都南座の裏・大和大路通の喫茶ラテン

雲仙の記事で触れたとおり、京都には1930年代から営業しているレジェンド喫茶があります。

今回取り上げる喫茶ラテンは知る人ぞ知る喫茶店ですが、創業は67年を超えています。

 

喫茶ラテンの看板

京都南座裏にある「ラテン」の目印はフランス国旗カラーの看板。

 

喫茶ラテンの外観

スナックなどが入るビルの1階が「ラテン」の入り口です。

 

喫茶ラテンの店内1

はじめてこちらを訪れた日のこと。ドキドキしながら重い扉を思い切って開けてみると、壁にはめ込まれた華やかなステンドグラスや赤いソファがランプでうすぼんやりと浮かび上がり、思わず息を呑みました。

興奮してママに「素敵なステンドグラスですね」と伝えると、「店内を飾るステンドグラスはすべて手作り」と仰って更に驚きました。

 

喫茶ラテンのステンドグラス

喫茶ラテンの店内
喫茶店の装飾で私が特に好きなのがステンドグラスなのですが、一度にこれだけの数を堪能できる喫茶店を他には知りません。見るというより浴びている気分。

藤城清治の影絵のような幻想的な光の世界に酔いしれます。

スポンサーリンク

ラテンのコーヒーはフランソア喫茶室直伝

喫茶ラテンのホットコーヒー

ラテンで戴けるネルドリップコーヒーはフランソア喫茶室直伝の味。ママはラテンをオープンする前にフランソア喫茶室で修行したそうです。

 

喫茶ラテンの店内

ラテンの創業は1952(昭和27)年。
現在は80歳を超えるママと娘さんが営んでいます。

ママは京都市公認の「おもてなし実践者」の表彰を受けている接客の達人。

場所柄外国人観光客も多く訪れますが「言葉がわからなくても気持ちを込めて向き合えば喜んでくれる」と臆さずに接客されるそうです。

ママのおもてなしと視覚のおもてなし。両方をラテンで味わってはいかがでしょうか。

純喫茶ラテン・店舗情報

【最寄駅】京阪祇園四条駅より徒歩2分
【住所】京都市東山区大和町大路通四条下る大和町8
【営業時間】10時~20時
【定休日】水曜

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です