喫茶店案内

【京都・築地】ウインナーコーヒーの名店は重厚な貴賓室喫茶

京都・築地の内装2階

京都の喫茶店文化の黎明期は1930年代。

今も生き続ける老舗喫茶「カフェ進々堂」「スマート珈琲店」「フランソア喫茶室」などはその時代に創業しています。

今回は京都・四条エリアの4大クラシカル喫茶のひとつ、「築地」をご案内します。

喫茶築地の歴史

京都・築地の外観築地の創業は1934年(昭和9年)。

京都なのになぜ築地?と不思議に思っていました。

由来はまさしく、東京の築地。

三代目である現店主の祖父(初代)が演劇好きで、日本初の新劇の常設劇場「築地小劇場」から名前をいただいたそう。

 

京都・築地の内装1階京都・築地の内装1階築地は2階建てで写真は1階です。

存在感のある赤い布張りの椅子は初代がデザインしました。

椅子・テーブル・アンティークの調度品は配置ひとつ変えず、初代のセンスを引き継いでいます。

 

京都・築地の内装2階京都・築地の内装2階

京都・築地の内装2階こちらが2階。

一人利用や音楽を堪能したいなら1階。
複数人で利用するなら自然光が注ぐ2階がおすすめです。

スポンサーリンク

喫茶築地でコーヒーといえばウインナーコーヒーのこと

築地は京都ではじめてウインナーコーヒーを提供した店としても知られています。

物資が乏しく粗悪品が出回っていた時代に、ホイップしたクリームをコーヒーに浮かべて本物の生クリームだと証明したことがはじまり。

喫茶店の定番であるブレンドコーヒーはメニューになく、コーヒーには必ずクリームが浮かんでいるのでご注意を。

「ウインナーコーヒーがいちばん難しい。だから一種類だけで手一杯」とは先代の言葉です。

 

京都・築地のウインナー珈琲ウインナーコーヒーを飲みながら流れるクラシックに耳を傾けると、つかの間重役気分。

築地のまとめ

12年前に閉店した高瀬川沿いの「名曲喫茶みゅーず」や出町柳の「柳月堂」など名曲喫茶と呼ばれる類の喫茶店がもともと好きで、喫茶店巡りに目覚める前から何度も足を運んでいます。

京都の喫茶文化を築いた名店にぜひ訪れてみてください。

築地のメニュー(一部)

ウインナー珈琲:650円
紅茶(フォートナム&メイスン):650円
ココア:650円
カフェオレ:650円
ミックスフロート:800円
コーヒーフロート:750円
ソーダフロート:750円
ミックスジュース:750円
チョコレートケーキ、ムースケーキなどセットは時価

築地・店舗情報

【最寄駅】阪急河原町駅から徒歩2分
【住所】京都市中京区河原町通四条上ル一筋目東入ル
【営業時間】11時~20時
【定休日】無休

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です