喫茶店案内

【京都・ぎおん石 喫茶室】八坂神社前!複数人でも利用できる穴場

ぎおん石喫茶室の外観全体図

こんにちは、喫茶店愛好家のコトリス(@Kotori_fresh)です。

7月中は日本の三大祭の1つである「祇園祭」が開催され、京都市内は祇園祭一色に。

京都市内のどこに行っても混雑しそうですが、今回は人波に疲れた時に思い出して欲しい穴場の喫茶店をご紹介します。

四条通・八坂神社前の穴場!ぎおん石 喫茶室

ぎおん石喫茶室の外観全体図外国人観光客などで、連日にぎわっている京都・四条通。

 

ぎおん石喫茶室の外観壁面石造りのノアの方舟か、もしくは宇宙船か。
八坂神社の前にそびえる不思議な巨石が乗ったビルが気になったことはありませんか?

こちらの坂下ビルの2階にあるのが知る人ぞ知る穴場な喫茶店「ぎおん石 喫茶室」です。

 

ぎおん石喫茶室の店内

ぎおん石喫茶室の店内宝石や天然石などを販売している「ぎおん石」の1階店舗に入り、エレベーターで2階に上がると高級ホテルのラウンジのような広々とした空間が広がっています。

ぎおん石 喫茶室が入る地上4階の坂下ビルの竣工は1969年(昭和44年)。

1階はショールーム、2階は喫茶室、3階は蕎麦屋、4階はギャラリーとして使われていて、それぞれ内装が異なるので建築好きの方は違いを観察してみると面白いですよ。

 

ぎおん石喫茶室の店内

ぎおん石喫茶室の突き出すランプ喫茶室の壁と天井は飴色のヒノキの板で覆い尽くされており、壁からは丸いランプが突き出ています。

 

ぎおん石喫茶室の店内ビル内に喫茶店があることを気づく人は少ないのか、いつも「ブラックカード所有者の空港ラウンジサービスかしら?」と思うようなくつろぎの時間を提供してくれます。

土日でも混み合っているのを見たことがないので、祇園祭中もきっとすんなり入れるはず。

一人はもちろん、複数人で観光に来られた際に休憩場所に困ったらご利用ください。

スポンサーリンク

ぎおん石の3階はお食事処「京そば処」

3階にあるのは、高級食材を惜しみなく使った自慢のそばを食べられる蕎麦屋さん。
壁からは丸いランプが突き出ているなど、喫茶室と同じような内装です。

そば類は700円から、丼類は800円からと一等地にありながら値段も手軽なのでお腹を満たしたい方はこちらにどうぞ。

ぎおん石 喫茶室・メニュー(一部)

ブレンドコーヒー:¥500
カフェオーレ:¥600
コーヒーフロート:¥600
ウィンナーコーヒー:¥600
カフェ・ラテ(アイスorホット):¥600
カプチーノ(アイスorホット):¥600
紅茶 (レモン・ミルク・ストレート):¥500
オレンジジュース:¥500
ブルーベリーのクリームソーダ:¥700
クリームソーダ:¥600
ブルーベーリーソーダ:¥600
ビール(おつまみ付):¥700
宇治抹茶プリン:¥600
季節の抹茶パフェ:¥1200
抹茶クリームあんみつ(ほうじ茶つき):¥800
白玉入り京風ぜんざい:¥800
抹茶のモンブラン:1000円
コーヒーまたは紅茶付
宇治抹茶のチーズケーキ(コーヒーまたは紅茶付):1100円
コーヒーゼリーセット(コーヒーまたは紅茶付):900円
※価格は全て税込み価格です

ぎおん石喫茶室のコーヒーゼリー▲ぎおん石喫茶室のコーヒーゼリー

ぎおん石 喫茶室のまとめ

はじめて喫茶室に入ったのは数年前の冬。

高級感に圧倒され場違いかとオドオドしながらも店員さんに写真を撮る許可をもらおうと声をかけたら「かっこよく撮ってくださいね」と微笑まれ、緊張が去っていったことを覚えています。

個性的な空間をぜひ味わってみてくださいね。

ぎおん石 喫茶室・店舗情報

【最寄駅】阪急河原町より徒歩5分
【住所】京都市東山区祇園町南側555
【営業時間】11時~20時
【定休日】不定休
【駐車場】なし
【公式HP】http://www.gionishi.com/gion/detail.html?ct=2f

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です