喫茶店案内

【神戸・喫茶博物館 珈琲ポエム】懐かしい調度品と再会して嬉し泣き

喫茶博物館珈琲ポエムの外観

喫茶店が次々と消えていく現状を打開しようと、活動している方々がいます。

閉店した喫茶店の家具を取り扱う東京の「村田商會」。

京都喫茶文化遺産」というプロジェクトを立ち上げ「昔から続く伝統のある街の喫茶店」を次世代へと繋げる、喫茶マドラグの山崎さん。

そして神戸元町の喫茶ポエムです。

今回は阪神岩屋駅前のBBプラザにオープンした「喫茶博物館 珈琲ポエム」をご案内します。

BBプラザに「喫茶博物館 珈琲ポエム」がオープン

神戸元町「ポエム」のことは、神戸モーニングのまとめ記事で取り上げたことがありますが、そのポエムが3月1日に「喫茶博物館 珈琲ポエム」をオープン。

ようやく足を運んできました。

 

喫茶博物館珈琲ポエムの外観「喫茶博物館 珈琲ポエム」があるのは神戸市灘区(阪神岩屋駅前)のBBプラザというショッピングモール3階。

周辺には神戸県立美術館や横尾忠則現代美術館など多くの文化施設が集まっている、オープンするにはぴったりな場所。

「博物館」と屋号にありますが、普通に食事利用できる喫茶店です。

特筆すべきなのは、全席禁煙という点。

「昔ながらの喫茶店に行ってみたいけど、喫煙可なのが嫌」「分煙されていても、はっきりと区切られていないため入りにくい」という声をよく耳にするんですが、「喫茶博物館 珈琲ポエム」は完全禁煙です。

スポンサーリンク

古き良き喫茶店の再現が喫茶博物館のコンセプト

喫茶博物館珈琲ポエムの店内

喫茶博物館珈琲ポエムの店内全体図すでに閉店した喫茶店の家具・照明・備品が使われています。

天井の真ん中に設置された照明は、王子公園駅前の純喫茶ローズで半世紀使われていたもの。

ローズは2018年2月に閉業してしまったんですが、喫茶博物館で再会できるとは!

純喫茶ローズの照明、喫茶なにわのレジなど懐かしい調度品と再会

純喫茶ローズの店内王子公園駅前・純喫茶ローズの店内

 

純喫茶ローズの照明純喫茶ローズの照明

 

かつて2回訪れたことがある、純喫茶ローズ。ぼんぼりのような照明が可愛いなぁと見とれていたら、マスターが電気をつけてくれたという思い出があります。

喫茶博物館珈琲ポエムの照明
目立つ場所に設置されて、照明も誇らしそうにしていました。
ピカピカの店内で新たな歴史を刻むんですね。

 

喫茶博物館珈琲ポエムのなにわのレジもうひとつ驚いたのは、店の外に展示されていたレジ。2017年5月に閉店した十三の喫茶なにわで使われていたレジでした!!

何度も行った喫茶店なので、このレジにも記憶があります。再会できたのが嬉しくって涙が出ちゃう。

喫茶博物館珈琲ポエムの椅子

そのほか神戸の伝説の喫茶店ゴムクラブの看板、茶房ウィーンのコーヒーミル、喫茶ペアの電動かき氷機、喫茶ベニスのベンチが第二の人生を迎えています。

スポンサーリンク



喫茶博物館 珈琲ポエムのメニュー

喫茶博物館珈琲ポエムのメニュー充実したメニューはこちら。
お子様用のメニューも別に用意されています。

 

喫茶博物館珈琲ポエムのコーヒーとプリン懐かしい品々に囲まれて、コーヒーとプリンを味わいました。

喫茶店好きは行くべし!

喫茶博物館 珈琲ポエム・店舗情報

【最寄駅】阪神岩屋駅よりすぐ、JR灘駅より南へ徒歩約3分、阪急王子公園駅より南へ徒歩約10分
【住所】神戸市灘区岩屋中町4-2-7 BBプラザ神戸3階
【営業時間】8時〜19時
【定休日】不定休

POSTED COMMENT

  1. tokage より:

    ピカピカすぎて
    まだ少し居心地が悪そうな、
    この素敵な什器達にお店が
    なじんでいってほしいのぅ。

    捨てられてしまったかもしれない
    什器達が第二の場所を得ているのは
    本当に嬉しいのぅ。

    煙草吸えないのは残念だが、
    (自分は吸わないのだがつれがのぅ。)
    そのうち会いに行こう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です