イベント

【イケフェス大阪2019】初参加者におすすめの建築会場5選

生駒ビルヂング外観

イケフェス大阪2019の開催日が迫ってきました!

ガイドブックとにらめっこしながら、なるべく多くのプログラムを回ろうとスケジュールを組まれる方が多いのではないでしょうか?

今回はイケフェスにはじめて参加する方や、ガイドブックは買ってないけどとりあえずどこかを見てみたいという方におすすめの建物を5つご案内します。

5つとも事前申し込みの必要がないので、公開日時にふらっと行って見ることができますよ。

最後までご覧になって行きたい会場を見つけてくださいね。

イケフェス2019のプレイベントについては下のリンクをご覧ください。

おすすめ1:食道園宗右衛門町本店ビル

イケフェス2018・食道園_外観

1軒目はミナミの宗右衛門町通に面した、焼肉でおなじみの食道園の本店です。

飲食店が高層ビルを構えることが稀だった昭和43年(1968年)に、「焼肉を多くの人に食べてもらいたいから」とありったけの資金を投入して建設。

設計は大阪キタのダンスホール「ワールド」や東京赤坂のキャバレー「ミカド」など、商業建築を得意とした生山高資が手がけました。

 

イケフェス2018・食道園_ 天井

客席の内装は時代に合わせて改装していますが、1階は当時の面影が残っています。

 

イケフェス2018・食道園_店内2 イケフェス2018・食道園_店内1

シャンパンタワーのような水の流れるオブジェなど、バブルより前の時代のギラギラ感に圧倒されてひたすら感嘆のため息が漏れました。

 

イケフェス2018・食道園_2階

貴賓室や個室のある2階も見学できますよ。

食道園の従業員の方はどなたもホスピタリティに溢れていて、ビルの歴史などをわかりやすく教えてくださいます。
昨年はお土産として食事のクーポンがもらえました。

公開日時:10月26日(土)・27日(日)両日とも10時~16時 定員なし 参加費無料

【最寄駅】各線なんば駅より徒歩約10分
【住所】大阪市中央区宗右衛門町5-13
【公式HP】https://www.syokudoen.co.jp

スポンサーリンク

おすすめ2:生駒ビルヂング

イケフェス2018・生駒ビル_外観

2軒目は北浜のシンボル、堺筋の交差点にある生駒ビルヂングです。
屋上の時計塔は今も現役なんですよ。

 

イケフェス2018・生駒ビル_鷲

ショーウィンドウの上の石彫りの鷲がガードマンのように睨みをきかせています。

 

イケフェス2018・生駒ビル_ステンドグラス

生駒ビルヂングの建設は昭和5年(1930年)。
舶来時計を扱う生駒時計店の店舗兼事務所として建てられました。

イケフェスの中では人気会場のため、時間帯によって混雑しています。

 

イケフェス2018・生駒ビル_階段

エレベーターが設置されていますが、せっかくなので副階段室を使って自力で上に登ってみましょう。(地下1階地上5階建てです)

 

イケフェス2018・生駒ビル_屋上時計

屋上の時計は暗くなると文字盤に数字が浮かび上がります。
残念ながらこの日は雨だったのですぐに退散しましたが、晴れてたなら間近でずっと見ていたかった……!

公開日時:10月26日(土)・27日(日)両日とも13時~17時 定員なし 参加費無料

【最寄駅】大阪メトロ、京阪「北浜駅」より徒歩3分
【住所】大阪市中央区平野町2-2-12 生駒ビルヂング
【公式HP】https://www.ikoma.ne.jp/

スポンサーリンク




おすすめ3:大阪証券取引所ビル

大阪証券取引所ビルと五代友厚像

北浜の近代建築といえば、こちらも訪ねてみてください。

堺筋と土佐堀通の交叉する角地にある北浜のシンボル「大阪証券取引所ビル」。

正面の銅像は大阪証券取引所設立に尽力し、多大な功績を残した五代友厚(NHK「あさが来た」の五代様)だというのをご存知でしょうか。

大阪証券取引所ビルのアトリウム

円筒上のアトリウムがあるシンボリックなビルは2004年に改築されましたが、ホールの床やステンドグラス、エレベーターの扉はオリジナルの姿で残されています。

 

OSEギャラリー

大阪証券取引所の歴史や株式について学べる「OSEギャラリー」がイケフェス開催日の26日と27日に休日特別開館されます。

五代様直筆の史料も展示されているので、「あさが来た」を見ていた方ならより楽しめますよ。

アトリウムにはイケフェス2019インフォメーションセンターが開設されており、ガイドブックの購入や当日の運営情報を収集できます。

OSEギャラリー休日特別開館:10月26日(土)・27日
両日とも9時半~16時 定員なし 参加費無料
※ガイドツアーもあります

【最寄駅】大阪メトロ北浜駅1号B出口すぐ
【住所】大阪市中央区北浜1丁目8−8番16号

スポンサーリンク



おすすめ4:大同生命大阪本社ビル

大同生命ビルの外観「あさが来た」つながりというわけではないんですが、「大同生命大阪本社ビル」もおすすめです。

設計はファンの多い建築家・ウィリアム・メレル・ヴォーリズ 。
大正14年(1925年)に誕生した旧肥後橋本社ビルのイメージを踏襲し、1993年に建て替えられました。

 

大同生命ビルのメモリアルホール

メモリアルホールには旧肥後橋本社ビルの柱や大理石の床などが使用されていて当時の面影を感じられます。

 

大同生命ビルの天井ステンドグラス

エントランスの天井にはステンドグラス!巨大な傘の中にいるよう。
旧肥後橋本社ビルの光天井を復元したものだそうで、往時の豪華絢爛さをうかがい知ることができます。

公開日時:10月26日(土)・27日(日)
両日とも10時~17時 定員なし 参加費無料
※申し込みが必要なガイドツアーもあります

【最寄駅】大阪メトロ「淀屋橋駅」より徒歩5分
【住所】大阪市西区江戸堀1丁目2番1号

スポンサーリンク




おすすめ5:日本基督教団 大阪教会

イケフェス2018・日本基督教団大阪教会_外観

最後にご案内するのは肥後橋の日本基督教団 大阪教会
大正11年(1922年)からずっとこの地で親しまれてきた赤レンガ建築は、大阪最古のプロテスタント教会です。

 

イケフェス2018・日本基督教団大阪教会_内部正面

堅牢な外観は近寄りがたい雰囲気ですが中に入ってみると、ビジネス街とは思えない静寂な空間が広がっています。

1995年の阪神淡路大震災で塔が傾くなど大きな被害を受けたものの、修復工事を行い元の姿に蘇りました。

 

イケフェス2018・日本基督教団大阪教会_椅子

高く吹き抜けた礼拝堂の左右に、艶やかな長椅子が並んでいます。

 

イケフェス2018・日本基督教団大阪教会_内部玄関上

入り口上部には外の光を取り込むバラ窓。

 

イケフェス2018・日本基督教団大阪教会_ステンドグラス

大同生命本社ビルと同じく、設計はウィリアム・メレル・ヴォーリズ 。

信者の祈りの場である教会が27日のみ見学可能です。
ヴォーリズ建築が好きな方はぜひ訪ねてみてはいかがでしょうか。

公開日時:10月27日(日)12時~15時 定員なし 参加費無料

【最寄駅】大阪メトロ四つ橋線「肥後橋駅」下車 ⑧号出口西へ5分
【住所】大阪市西区江戸堀1丁目23-17
【公式HP】http://www.osaka-church.net/

イケフェス大阪2019・まとめ

イケフェス初心者の方におすすめの建物を5つご紹介しました。参考になれば嬉しいです。

▼イケフェス大阪2019に参加する建物はまだまだあります

▼イケフェス大阪2019終了後の参加レポート

\大阪までの航空券+宿泊は出発の前日まで予約OKの【JALパック】がおすすめ!/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です