喫茶店案内

【ラ・ヴァチュール】グレーテルのかまどで取り上げられたタルトタタン

ラヴァチュールのタルトタタン

私がノスタルジーを感じる果物は“りんご”。

今は季節を問わずにスーパーなどでりんごを見ますが、津軽のりんごが山積みになっている姿をみるたびに「遠いところまでよく来たね」と感傷的になります。

FM802の番組“UPBEAT!”に出演した際に「その場所でしか食べられない名物スイーツ」として、シーシーズのまるごとアップルパイをご紹介しましたが、もうひとつ外せないりんごスイーツが京都の喫茶店“ラ・ヴァチュール”のタルトタタンです。

京都・平安神宮そばにあるラ・ヴァチュールの絶品タルトタタン

ラヴァチュールの外観 ラヴァチュールの店内

りんごスイーツを求めて、京都・平安神宮の近くにある「ラ・ヴァチュール」にやってきました。

りんごがぎっしり詰まったフランスの伝統菓子「タルトタタン」が名物の喫茶店です。

NHK「グレーテルのかまど」の「タタン姉妹のタルトタタン」の回でもラ・ヴァチュールのタルトタタンが取り上げられたことで、遠方からもお客さんが訪れています。

 

ラヴァチュールのタルトタタン飴色でつやつやとしたタルトタタン

ひと口食べると、ほのかな苦みと自然な酸味がふんわりと広がります。
添えられたヨーグルトがりんごとマッチしていて、夢中で頬張りました。

スポンサーリンク

ラ・ヴァチュールのタルトタタンができあがるまで

「ラ・ヴァチュール」の創業はおよそ50年前。

現在の店主の祖母であり、店の創業者である松永ユリさんがパリで出会いトリコになったタルトタタンを再現しようと探求の末に誕生したのが、現在提供されるタルトタタン。

1台に20個以上のりんごを使い、4時間以上かけてじっくりとりんごを煮詰めています。

 

タルトタタン協会のメダルと認定証
本来のタルトタタンを進化させて作られた独自のタルトタタンは評判を呼び、フランスの「タルトタタン協会」からもメダルと認定書を受けるまでになりました。

先代のユリさんは数年前に亡くなりましたが、お孫さんがレシピを受け継ぎユリさんの味を守っています。

 

今も残るユリさんの指定席今も残るユリさんの指定席

 

テイクアウトもできるので、タルトタタンをぜひ味わってみてください。

ラ・ヴァチュール(LA・VOITURE)店舗情報

【最寄駅】京阪神宮丸太町駅から徒歩8分
【住所】京都市左京区聖護院円頓美町47-5
【営業時間】11時~18時
【定休日】月曜

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です