喫茶店案内

【珈琲駅ブルートレイン】富山代表の純喫茶は鉄道ファン以外も楽しめる

珈琲駅ブルートレイン・店内

あけましておめでとうございます。
喫茶店愛好家のコトリス(@Kotori_fresh)です。

本年も「喫茶のすたるじあ」をよろしくお願いいたします。

新年最初の投稿はどうしようかと迷っていたんですが「2020年の目標」に沿って、まずは書きそびれていた記事を更新することにしました。

新年一発目にご紹介するのは、富山市の「珈琲駅ブルートレイン」。

私が珈琲駅ブルートレインに行ったのは、なんと5年前の2015年。
当時は「47都道府県の純喫茶」に掲載されている喫茶店詣でを熱心にやっていました。

まだ撮り慣れていない5年前の写真を載せているのでお見苦しいかと思いますが、ご覧いただけたら嬉しいです。

47都道府県の純喫茶に掲載!富山市の珈琲駅ブルートレイン

珈琲駅ブルートレイン・外観

珈琲駅ブルートレインの最寄駅は、路面電車・富山地鉄の安野屋停留所すぐ。

富山市に来るのははじめてだったので町並みを知りたいと、JR富山駅から徒歩で向かいました。富山駅から徒歩20分ほど。

 

珈琲駅ブルートレイン・店内ボックス席は旧型客車風。食事しながら鉄道模型が走る様子が見られる

 

珈琲駅ブルートレイン・店内2カウンター内から客席へと次から次にいろんな電車が走り抜けていく

 

昔の三等車風の店内には、約2000両(2015年10月現在)の鉄道模型が飾られています。

「鉄子の旅」に掲載されたことがあり、鉄道ファンも遠方からやってくるそうですよ。

 

珈琲駅ブルートレイン・飾られた模型

珈琲駅ブルートレイン・飾られた模型
よく見ると我らがマルーンカラー、阪急電車の模型も!

 

珈琲駅ブルートレイン・市街電車マップ市街電車マップ

 

珈琲駅ブルートレイン・発車順番表1日走る電車は6種類

 

珈琲駅ブルートレイン・三色トーストトーストには三色のジャム。鉄道信号機のイメージだそう

 

珈琲駅ブルートレイン・コーヒーカップコーヒーカップにはブルートレインのロゴ

 

スポンサーリンク

珈琲駅ブルートレインの歴史

 

珈琲駅ブルートレイン・カウンター内のマスターとママ
珈琲駅ブルートレインの創業は昭和55年(1980年)。

富山市内の別の場所で名曲喫茶を経営していたマスターの中村さんが、新しい店をオープンする際に選んだコンセプトは「鉄道を楽しむこと」でした。

 

珈琲駅ブルートレイン・走る模型
珈琲駅ブルートレイン・走る模型店内を周回する模型

 

もともと鉄道好きだったマスター。
幅広い年代のお客様に「鉄道で旅に出た気分を味わってほしい」と、鉄道模型が周回する内装を自ら設計。

鉄道ファンだけではなく、家族連れにも愛される喫茶店になりました。

 

珈琲駅ブルートレイン・入口模型

店のキャッチフレーズ「旅を夢みてコーヒーを楽しみましょう」という言葉通り、店内にいるだけで旅情感満載。

鉄道ファン以外もご乗車ください。

珈琲駅ブルートレイン・店舗情報

【最寄駅】富山地鉄(路面電車)・安野屋停留所より徒歩5分
【住所】富山市鹿島町1-9-8
【営業時間】10時~18時
【定休日】火曜

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です