おでかけ

南紀白浜の絢爛豪華なバブル遺産「川久ミュージアム」を見学

川久ミュージアム_ロビー

日本三古湯の一つ、和歌山県白浜温泉にある高級リゾートホテル「ホテル川久」。

2020年夏、ホテル川久内に美術収集家でもあるオーナーのコレクションを展示した私設美術館「川久ミュージアム」がオープンしました。

今回は非日常体験ができる「川久ミュージアム」をご案内します。

スポンサーリンク

ホテルの宿泊客でなくても見学できる。絢爛豪華なバブル遺産「川久ミュージアム」

ホテルより_川久ミュージアム外観宿泊したホテルから眺めたホテル川久。海に浮かぶお城です

創業年:1991年
規模:延床面積2万6千㎡
設 計:永田・北野建築研究所(永田祐三)

昭和の終わりから平成のはじめ頃。

俗に言うバブル景気に沸いた時代に、世界各地から一流の芸術家や職人を参集し、総工費400億・延床面積2万6千という大規模なリゾートホテルが建設されました。

紫禁城の瑠璃瓦、広大なロビーを埋めるローマン・モザイクタイル、ギネス記録に認定された金箔天井……。

ホテルでありながら、姿も中身もお城さながら。バブル期の洋風建築遺産の最高峰がホテル川久です。

 

川久ミュージアム_外観正面お城のような門構え。1993年「村野藤吾賞」を受賞したポストモダン建築の代表作

 

川久ミュージアム_外観うさぎイギリスの彫刻家バリー・フラナガン氏によるうさぎのブロンズ像

 

川久ミュージアム_ロビーホテルを象徴する豪華なロビー

 

外とは全く違う時間が流れている館内。

ミュージアムの入口はホテルと同じ。スタッフの方に美術館を見学したい旨を伝え、館内案内図とチケットを受け取りました。

今回はミュージアムの見学のみなので入場料を払いましたが、ご宿泊の方は無料で見学できます。

 

川久ミュージアム天井22.5金の金箔を張り巡らせた黄金のドーム天井

 

ギネス世界一に認定された金箔ドーム天井は、ヴェルサイユ宮殿の修復を手掛けたフランスの金箔職人「ロベール・ゴアール氏」の作品。

5cmの正方形サイズの金箔が1枚ずつ手作業で貼り付けられています。

 

川久ミュージアム_螺旋階段
川久ミュージアム_螺旋階段で記念写真空中に浮かんでいるように見える螺旋階段

 

川久ミュージアム_ローマンモザイクタイル 川久ミュージアム_ローマンモザイクタイル
川久ミュージアム_ローマンモザイクタイル床に敷き詰められたローマンモザイクタイル。様々な柄

 

川久ミュージアム_ビザンチンモザイクカフェの壁には、2世紀頃に制作された貴重なビザンチンモザイク画が埋め込まれている

 

川久ミュージアム_シュトックマルモの柱1本1億円!地球のような青い模様をしたシュトックマルモ(疑似大理石)の柱

 

川久ミュージアム_マスキングテープ
館内にあるミュージアムショップで柱と同じ柄のマスキングテープをお土産に買いました。

スポンサーリンク

オーナーの絵画コレクションが堪能できる2階

川久ミュージアム_2F廊下1階は以前来た際に見学したことがありましたが、2階からは初体験。
川久ミュージアムは館内撮影可能なんですが、絵画が並んだ2階ももちろん撮影可能。

ダリ、シャガール、横山大観など名だたる名画家の作品が無造作に置かれています。

無造作というと言葉は悪いですが、美術に疎い私でも知っているような画家の作品を、こんなに惜しげもなく見せてくれるの?!という意味で使っています。

 

川久ミュージアム_斗酒千吟和室「斗酒千吟」。シャンデリアは川久が旅館だった頃に使われていた

 

川久ミュージアム_愛と自由と平和イタリアの画家ジョルジオ・チェリベルティによる「愛と自由と平和」をテーマにした天井画

 

川久ミュージアム_カフェ1階奥にあるカフェ

 

2階から見下ろしたカフェ。ローマンモザイクタイルを一枚ずつ埋め込んだと思うと気が遠くなる……。

まとめ

2015年に喫茶店巡りで白浜を訪れた際に見学に来たことがあり、今回で2回目の訪問でした。

美術館としてオープンしたことで、より多くの方に知ってもらえる機会ができたことが嬉しいです。

川久ミュージアム・施設情報

【営業期間】10:30~18:00 ※入場は閉館の30分前まで
【アクセス】JR白浜駅より車で約10分、白浜空港より車で約10分。
【住所】和歌山県西牟婁郡白浜町3745
【開館時間】10:30~18:00 ※入場は閉館の30分前まで
【入場料】一般1000円、高校生・大学生800円、中学生以下無料(学生証の提示要)
【公式HP】https://www.museum-kawakyu.jp/

一休.comでホテル川久をチェック

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です