北陸・中部・関東

【ロスカ】創業60年。鈴鹿市最古の洋風喫茶店は有形文化財級

喫茶ロスカ・ソファとダイヤ柄の壁

近鉄電車全線が3日間乗り降り自由のお得なきっぷを使って、大阪から名古屋までを旅してきました。

旅の主な目的は4つ。

スポンサーリンク
  • 「47都道府県の純喫茶」に掲載されている近鉄沿線の喫茶店を再訪
  • レモン糖の日々さんがブログで紹介している名古屋の喫茶店を訪問
  • 近鉄の支線「鈴鹿線」と「湯の山線」に乗車
  • 伊勢神宮を参拝

三重県の喫茶店に入るのは2019年以来3年ぶりです。
今回は三重県鈴鹿市の創業60年の喫茶ロスカをご案内します。

宿場町「鈴鹿市神戸宿」の洋風建築喫茶店・ロスカ

近鉄名古屋線の伊勢若松駅から平田町駅までの8.2キロ(5駅)を結ぶ近鉄鈴鹿線。

鈴鹿市の中心地「鈴鹿市神戸(かんべ)」は城下町・宿場町として栄えた町であることは予習済み。

私好みの古い町並みが残っているので散策したかったんですが時間の余裕がなく、目当ての喫茶店に直行します。

 

喫茶ロスカ・外観一戸建ての喫茶店「ロスカ」

 

朝8時過ぎ。お目当ての喫茶店「ロスカ」の前に到着したら、店が開いていない……。

呆然としていたら店の主人らしきマダムが出てきて、植木鉢の花に水をやりはじめます。

「今日は休みですか?」と声をかけたら、「開店時間が遅れているだけで営業しているよ。店に入ってていいよ」と勝手口から入れてくれました。

 

喫茶ロスカ・アプローチ 喫茶ロスカ・シャンデリア 喫茶ロスカ・レジとシャンデリア

店内に入ってすぐ、エントランス上部は高い三角屋根。天窓から注ぐ光がシャンデリアをより輝かせています。

 

喫茶ロスカ・入口付近
喫茶ロスカ・店内全景
喫茶ロスカ・借景遊び心のあるフレーム越しに眺める日本庭園。高級ホテルのラウンジのよう

 

奥に日本庭園が見え、広がりのある空間に目を見張りました。

 

喫茶ロスカ・壁 喫茶ロスカ・ダイヤ柄の壁
喫茶ロスカ・ソファとダイヤ柄の壁庭に向かって左手の壁は木の板、右手の壁はダイヤ柄
喫茶ロスカ・照明ランプシェードも素敵

 

喫茶ロスカ・天井
喫茶ロスカ・店内全景とカウンターのママさまざまなデザインが散りばめられた店内
喫茶ロスカ・カウンターマダムとおしゃべりを楽しみたい方はカウンターにどうぞ

 

昭和生まれのホテルのラウンジにいるかのような気分に浸れるインテリアは、名古屋の山際電気で仕入れたそう。

店内は60年の時を経たと思えないほど、清潔感に溢れています。有形文化財に指定されていてもおかしくありません。

スポンサーリンク

創業60年。鈴鹿で最も古い喫茶店・ロスカの歴史

喫茶ロスカ・カウンターとお客さん
ジャンヌ・モローのようにタバコをくゆらす姿が様になるマダムにカウンター席で話を伺いました。

若い頃から自立して働ける仕事がしたいと考えていたマダムは、かつて四日市で芸妓さんがやっていた喫茶店に憧れたことを思い出し、自ら喫茶店をはじめたのだとか。

最近の純喫茶ブームの影響か、遠方からロスカを訪問するお客さんが後を絶たないそう。同じ三重県内でもかなり距離のある尾鷲(おわせ)からもロスカ目当てにお客さんが来たとマダムが驚いていました。

ロスカは創業60年。鈴鹿最古の喫茶店であろうロスカは様々な映像作品のロケ地として使われているそうです。

そのうちのひとつが、小栗康平監督の映画「埋もれ木」。


どんなシーンでロスカが登場するのかを確かめるために鑑賞したいと思っています。

喫茶ロスカ・店舗情報

【最寄駅】近鉄鈴鹿線鈴鹿市駅より徒歩2分
【住所】三重県鈴鹿市神戸2丁目2-40
【営業時間】9時〜15時半
【定休日】月
※モーニングなし
※喫煙可

 

サンモリッツ・外観
【津市・サンモリッツ】三重県を代表するレトロな純喫茶JR・近鉄津駅や近鉄津新町駅から徒歩で行ける津市の歓楽街・大門にある喫茶店「中村珈琲」と「サンモリッツ」を紹介しています。...
食事と喫茶寿・ホットケーキと紅茶
【伊勢市・食事と喫茶寿】市内最古の喫茶店で食べるホットケーキ近鉄・JR伊勢市駅よりすぐの「食事と喫茶 寿」を紹介しています。 創業70年超の喫茶店でホットケーキなどメニューが豊富。伊勢うどんもありますよ。...
フォトブック「喫茶店の旅」

喫茶のすたるじあの記事から厳選したフォトブック「喫茶店の旅 私なりの47都道府県の純喫茶」を作成しました。

全面的に書き直したページもあるのでブログをご覧いただいている方にもおすすめです。

フォトブック「喫茶店の旅」通販のお知らせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。